« 16馬力エンジンの改善策を模索 | トップページ | ヤァ!ヤァ!ヤァ!エンジンが来た! »

2008年7月17日 (木)

ハイパワーエンジンの弊害

コメントを下さった皆さん、有難う御座います。

おせっかいオヤジさん、MIZさん、16馬力エンジン情報に感謝いたします。エンジン搭載前にある程度のチューンナップが必要な事が分かりました。いきなりシリンダーヘッドをバラさないといけない訳ですが、他にも色々やる予定だったので丁度良かったかも知れませんね。年内は排気量150ccのままでいようと思います。同じエンジンを搭載したマシンとは一味も二味も違うマシンに仕上げますよ。

すっとこフィーバーそりゃっ!さん、今の段階では秋田県最速カブですが、冬にはウィンターエンデューロレースにも参加して北日本最速カブになりたいと思ってます。(公道でも雪道時速130キロオーバーしたいなぁ。)

今日、以前に¥500で購入したトミーのラジコン(エアロRCカーっていうらしい。)へタミヤ製ミニ四駆用ハイパワーモーターを取り付けた。

このラジコンには操舵用のモーターと駆動用のモーターが2つ搭載されている。勿論、交換したのは駆動用モーターの方。

交換後、走らせてみるとコントロールが全く利かなくなってしまった。

どうやらハイパワーモーターに電力を使いすぎて操舵用モーターが正常に機能しなくなった様だ。

ノーマルモーターの正常電圧時回転数が10,500rpm。今回買ったモーターが17,200rpm。それでもミニ四駆用モーターとしては特別に高回転型という訳でもない。凄いのになれば20,000rpmを軽くオーバーするモノもある。

急遽、前に使ってみて調子の良かったモーターを購入。12,000rpm程度の大人しいモーターに交換したよ。

やっとそこそこ速く、正常に走る事が出来た。

オモチャも難しいね。

その点バイクはいくらか良い。多少バランスの悪いチューンナップをしても、ライダーが乗ってる内に段々慣れてくるから最終的に「こんなもんだろう。」となってしまう。

しかし、自分だけ乗るならそれでも良いが他人が乗るなら勘弁して欲しい状況だね。

基本としては「(ある程度の腕がある人が)誰が乗っても普通に走れる。」が大事。

ちょっと気になるのは、カブに16馬力エンジンを搭載した人はしっかり減速出来るのだろうか?って事。

俺の弄ったエンジンには遠心ブレーキ(フライホイールのバランスをワザと崩す事でエンジンブレーキを強烈に強化させる。但し、クランク内圧調整バルブの同時使用が鉄則。)が付いているので、雨の日のみならず凍結路でもしっかり止まれる。

他の人はブレーキ周りをどうしてるのかなぁ?

ディスク化もしくは大径化させているのか?

正直な話、ノーマルブレーキだと88ccまでの排気量が限界でしょう。

映画『世界最速のインディアン』に登場したバート・マンローの愛車は、俺が想像するにクランクのバランスを崩してエンジンブレーキを強化していたと思う。(日本でもオートレーサーがよく用いる手法。俺の遠心ブレーキはその応用。)

それでなきゃ、あんな速いマシンをコントロールできないよ。

ブレーキがろくに利かないマシンは絶対に速く走らないし、走れない。

仮にボンネビルみたいな広大な土地を走るにしても怖くて走りに集中できないハズだ。

ブレーキも立派なハンドルだよ。

ビックバイクをハンドル手放し状態のままで8の字を描く俺だから言える。(ノーハンド・クルクルって技。)

それではまた…

|

« 16馬力エンジンの改善策を模索 | トップページ | ヤァ!ヤァ!ヤァ!エンジンが来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/22369311

この記事へのトラックバック一覧です: ハイパワーエンジンの弊害:

« 16馬力エンジンの改善策を模索 | トップページ | ヤァ!ヤァ!ヤァ!エンジンが来た! »