« 芋とカブ | トップページ | カブ術 »

2008年8月10日 (日)

難物

極楽さん、たらしさん、コメント有難う御座います。

150cc16馬力エンジンは想像以上に難物なようです。

エンジンを組み上げて電装の配線を接続。

キックギアの破損が起こらないように上死点を外してからキック。

「バキッ!」

キックレバーの踏み込み部が変な方向を向いた。いきなりの破損でカブのノーマルキックに交換。

数回のキックでエンジン始動。

「ピカッ!」

今度はライトの下向き側が切れた。試しにライトを上向きにしてウィンカーを付ける。

なな、なんとライトとウィンカーが同調して点滅を開始。おまけにライトが点いているのか判らないくらい暗い。

ジェネレーター配線関係が全くカブとは合わないようだ。

ここでLIFAN140ccから電装部品を移植したかったのだが、既に140ccエンジンは友人の手の元へ。

一度、ホンダの純正部品は取り付けられるか挑戦してみなきゃね。

今日の夕方にキャブ・セッティングが全然合ってない状態で少しだけ全開走行をしてみた。20秒ほどの短時間だけどね。

あっさり時速120キロをマーク。

キャブ・セッティングが合った状態ならどうなるんだろ?

それではまた…

|

« 芋とカブ | トップページ | カブ術 »

コメント

150cc16馬力は全波整流のジェネです。
以前の140ccは半波でした。
カブも半波整流です。
全波のレギュレーターと交換してヘッドライトを明るくするか、半波の純正ジェネレーターを付けるかどちらを選ぶかです。

投稿: おせっかいオヤジ | 2008年8月10日 (日) 21時19分

追加です。
そのまま回転あげて走行するとバッテリー逝きます。

投稿: おせっかいオヤジ | 2008年8月10日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/22902126

この記事へのトラックバック一覧です: 難物:

« 芋とカブ | トップページ | カブ術 »