« 迷ったら止める | トップページ | 呪文 »

2008年9月 6日 (土)

青い空

Photo 朝飯、昼飯抜きで仕事をする。

昼から雨が降るって予報だったからね。

ところが慌てて作業を終わらしても一向に雨が降る気配がない。

しょうがないので仕事帰りにぐるりと男鹿半島一周でもしようかとバトルカブを走らせた。

時速80~90キロで流して走る俺。

青い空が眩しく、海もいつもより輝いている。

「う~ん、気持ち良い。」

海沿いの漁村を抜けると少し急な坂が見えてきた。

その瞬間、「パゥン!!!ガリガリ!」俺は長年の経験から反射的にクラッチを切った。

リアタイヤがロックしてすぐにクラッチを切ったからエンジンは掛かったまま。焼き付きではない様だ。停車してからクラッチを繋ぐとエンジンストップ。ギアに何かが噛み込んでニュートラルにならないし、キックレバーも下りない状態だ。

トラブルの瞬間の音からするとクランクケース内部で何かのボルトが外れたみたい。怪しいのはキックスターター関係の部品。前のLIFAN140ccエンジンが壊れた時と同じ症状だからね。

バス停の横にバトルカブを停めて、近くの売店からアイスとコーラを買って一服。

「空の青さが目に沁みるぜ。」

バトルカブの方に視線を移すと「今度はお前が組み直すんだ。」って言ってるみたいだ。

流石に腰下まではバラさなかったからなぁ。このエンジンは相当いい加減に組まれた物の様だね。(腰上だけでもボルト2本が全く締まってない状態だった。)

中国エンジン通の人の話だと、中国本国では国の機関に納品するエンジンはベテランメカニックが組み立てを行い、ドイツに納品されるエンジンは比較的に優秀な人材が組み立てる。

じゃぁ、その他は?

ほとんど素人集団が組んでるか、運が良ければ優秀なグループに組み立てられるのだそうだよ。製品チェックの仕組みもしっかり確立されてないのだろう。

冬までにはまだ時間がある。秋の『みうちカップ3時間ミニバイク耐久レース』はちょっと厳しいかも。足腰のトレーニングを積んで鍛えてたんだがなぁ。残念!

それではまた…

|

« 迷ったら止める | トップページ | 呪文 »

コメント

アドバイスありがとうございます。
銅ワッシャ数枚で調整しながらやってみます、
でも沿面プラグは高いですよね・・・

投稿: マツ | 2008年9月 7日 (日) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/23551680

この記事へのトラックバック一覧です: 青い空:

« 迷ったら止める | トップページ | 呪文 »