« 何度目?バトルカブ復活計画 | トップページ | 中国エンジンの弱点 »

2008年10月 1日 (水)

レスポンス

おせっかいオヤジさん、コメント有難う御座います。

レスポンスの良い情報に大変感謝しております。正直、LIFAN社製150ccエンジンには興味がありました。魅力は何といっても価格と看板です。安さは勿論ですが、横流し品とは違い『LIFAN』の刻印が有る物ならある程度の品質が確保されているだろうと思うからです。しかし、高望みは出来ないので購入したらすぐにエンジンを全バラして自分でしっかり組み直しますよ。まだどう転がるかは分かりませんが選択肢がまた一つ拡がった事は確かです。

次回の『みうちカップ』に備えてまだ馬歩立ち(中国拳法特有の鍛錬法)を続けている。

おかげで最近は体力も体形も別人に変わりつつある。

この調子だと次回のレースではスタートからゴールまでペースを落さずに済みそうだ。

最初から最後まで全力走行で走り切りたいな。

マシンが良くなる分、体力とテクニックがついてこないとレスポンスの良い走りは出来ませんから。

「歳だから。」って逃げたくない41歳の秋。

それではまた…

|

« 何度目?バトルカブ復活計画 | トップページ | 中国エンジンの弱点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/24179594

この記事へのトラックバック一覧です: レスポンス:

« 何度目?バトルカブ復活計画 | トップページ | 中国エンジンの弱点 »