« 中国エンジンの弱点 | トップページ | スペアエンジン(国産エンジン) »

2008年10月 4日 (土)

国産・中国産2機体制

コメントをくれた皆さん、有難う御座います。

?さん、間違いなく彼の様です。カブ90をベースにジュン・インターナショナルのキットでチューンナップするあたりが流石ですね。これは壊れず速くの定番メニューですから。なんでもこのカブで地元のミニバイクコースをかなりのタイムで走るそうです。う~む、強敵。

桜華さん、真冬ツーリングまでには復活してください。またヤンチャな走りをしましょう。

はらっちさん、俺もヘッド周りのボルトやナットはネジの緩み止め剤を塗っています。エキパイ取り付けナットはハードロックナットという特殊な物を使用しています。あと、キャブレター・セッティングでも振動を減らして緩み止め効果を出せます。

国産のパーツで合う物を探すにはお金と時間が掛かる様です。新しく購入する中国パーツの品質が当たりならば万事OKなんですが。これだけは運に頼るだけですね。

モダンワークスにクラッチアウターを注文しようとすると、

「今、うちに入っている新型150cc(ダートマックス社製)の部品と共通なら出せますが、調べてみないと分かりません。」と言われた。

あっちゃー!これは当てにならんなぁ。

最悪、イージーライダースのWIN120エンジンのクラッチアウター(クラッチ板は4枚。150cc16馬力エンジンの方は5枚。)が合いそうなんで購入するしかない。ドライブギアの歯数が一緒だから合うと思うのだが…

中国エンジンの耐久性に難ありがハッキリしたので(今更ながらですが)、俺が持っている国産エンジンのスクラップ2機とスペアのヘッド周りで1台組み上げたいね。

中華と国産の2機体制ならどっちかが壊れたとしてもいつも走り続ける事が出来るからね。

国産の方は最高速115㎞程度で耐久性抜群を目指す。中華の方は最高速は出せるだけ出す仕様ってのはどうかな?

明日から暇を見つけて国産エンジンを直さなきゃ。

それではまた…

|

« 中国エンジンの弱点 | トップページ | スペアエンジン(国産エンジン) »

コメント

こんにちは。僕も腰下中華エンジン+腰上国産パーツのエンジンでリトルカブ乗っています。
腰下はやはり不安なのでカブ90の腰下スペアにもっています。壊れなければ良いんですが・・・<泣

投稿: アッチ.com | 2008年10月 5日 (日) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/24257591

この記事へのトラックバック一覧です: 国産・中国産2機体制:

« 中国エンジンの弱点 | トップページ | スペアエンジン(国産エンジン) »