« 伊達男 | トップページ | バトルカブ本格修理 »

2008年10月15日 (水)

似て非なるもの

リュウ1さん、コメント有難う御座います。

これも悲惨なエンジンですね。買ってすぐにキックシャフトがボッキリなんて…

中国エンジンを修理するのを考え直そうかな。迷ってます。

似て非なるものってあるけど、バイクの世界にもしっかりある。

例えばウィリー。

ウィリーには下がってくるフロントタイヤをアクセルで上げるウィリーと、上がろうとするフロントタイヤをリアブレーキで下げるウィリーがある。

前者は初心者に多く見られ、後者は上級者のウィリー。

どれくらい違うかというとウィリーで両手をハンドルから離せるか離せないか。またはクラッチを切ってウィリーを維持できるか。

素人目には同じに見えても全然違う。

横型エンジンも国産と中国製とでは色んな意味で別物。

燃焼効率の向上でパワーを上げる国産と排気量にモノを言わせてパワーを出す中国製。

パワーの向上に合わせて対策部品を出す国産と壊れても部品注文に難がある中国製。

今年一年で中国製の良いトコ悪いトコが分かりました。

これから厳しい冬が来ます。

真冬の道でエンジントラブルは危ない。

「何があぶないの?」って、視界不良で他の車に轢かれちゃうよ。

今度の冬は国産で頑張るぞぉ~!

仕事が忙しくてエンジン組めないぞぉ~!

単なる愚痴でした。

それではまた…

|

« 伊達男 | トップページ | バトルカブ本格修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/24528362

この記事へのトラックバック一覧です: 似て非なるもの:

« 伊達男 | トップページ | バトルカブ本格修理 »