« 後輩くんのミニモト | トップページ | アメリカのエクストリームバイク事情 »

2008年11月12日 (水)

神の神 (改訂版)

AC Farias氏といえばエクストリーム・バイクの草分け的存在。

90年代に活躍した彼を神と仰ぎ、「彼の様になりたい。」と訓練に明け暮れる世界中のライダーがどれだけいた事か。

日本でも古株エクストリーム・ライダーは彼を目標にしてきたと言っても過言ではない。

「あの神様はどうしているかなぁ。」

俺の頭の中では新鋭のエクストリーム・ライダーに紛れて影が薄くなっていると思いきや全然そうではなかったのだ。

見てコレ。http://jp.youtube.com/watch?v=tFf3nHZbipE&eurl=http://motodamm.seesaa.net/

最近はビデオで見慣れた人も多いエクストリーム・バイクだが、そんな人でも「やっぱりこの人は凄い。」と思わせる。

バイクスタントの基本は一度アクセルを開けると獰猛なビックバイクをいかに従順にコントロールするか。見た目の派手な豪快スタントもいいが、技術的な事からいえばAC Farias氏のライディングは数段上の別格です。

難しいトリックをあまりに簡単にこなす姿に「やっぱりこの人は神の中の神。」と思う。

普通、ある程度上手くなると進化のスピードが急に落ちたりするもんだが、現在でもトップレベルの技術をキープしている。

この人を一言で分かり易く説明するとしたらエクストリーム・バイク界の範馬勇次郎。どんだけ凄いか分かるでしょう。

その神を超えようと必死になって一人戦う日本人、木下真輔さん(空海のシンちゃんでおなじみ)も日本では『神』と呼ばれ、本場アメリカでもそう呼ぶ人が現れた。

実は彼の師匠(実名は控えます)もAC Farias氏のビデオを見てエクストリーム・バイクに取り組むようになったそうだ。

神を生む神。それがAC Farias師(この字がピッタリ)の本当の姿。

|

« 後輩くんのミニモト | トップページ | アメリカのエクストリームバイク事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/25256256

この記事へのトラックバック一覧です: 神の神 (改訂版):

« 後輩くんのミニモト | トップページ | アメリカのエクストリームバイク事情 »