« 有終の美(史上最高のキャブレター) | トップページ | 高速域セッティング »

2008年11月20日 (木)

中低速域セッティング

NS1乗り ケンさん、コメント有難う御座います。

残念ながら150cc中国エンジンは故障中です。今は国産96ccエンジンで頑張ってますよ。

今、FCR-MXの中低速域のセッティングを出しています。これは走行しなくてもある程度合わせることができる。

寒さが厳しくなるにつれ、ハンパなセッティングではまともにエンジンが吹け上がらなくなるのでかえって合わせ易いといえるね。

今回はジェットニードルのクリップ段数を変えて素直な吹け上がりにもっていく。

しかし、どうも加速ポンプの噴射タイミングが早すぎるらしく、調整ネジを緩めて遅くしながら吹け上がりを観察。

噴射量自体はFCR用で最も噴射量の少ない加速ポンプ・バルブにしてある。(CRF150Rオプションパーツ)

自然な感じに吹け上がるエンジン。

ついでに冬の雪対策にFCR-MXの周りに雪除けカバーを装着。パワーフイルターの凍結や汚れ防止には必要なアイテム。

さて、ガソリン給油ついでに調子を見に行こうかな。

それではまた…

|

« 有終の美(史上最高のキャブレター) | トップページ | 高速域セッティング »

コメント

そうですか、残念ですね。(*_*)
排気量の枠組みが違うエンジンが壊れると面倒ですよね。(書類とか)

自分のNS-1は2サイクルなので、キャブの調整は神経使います。
多すぎれば、チャンバー詰まるし。 少な過ぎれば、焼き付きますし。(:_;)バッチリ燃調でも谷がでしるし。(まあ、消せるのですがね・・・・しんどいのです。)


4サイクルでは、どのようなところに神経使いますか?

投稿: NS-1乗り ケン | 2008年11月21日 (金) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/25507471

この記事へのトラックバック一覧です: 中低速域セッティング:

« 有終の美(史上最高のキャブレター) | トップページ | 高速域セッティング »