« ハイカム×ハイカム | トップページ | バルブタイミング »

2008年12月10日 (水)

ポップ気分

アッチ.comさん、コメント有難う御座います。

やっと今日の夕方に組みあがりました。カムシャフト改造は意外な効果がありましたよ。詳しくは続きで。

Photo ジュン・インターナショナル製ノーマルヘッド用ハイカムのベースサークルを削ってバルブリフト量を増大させる。(リフト量5ミリから5,6ミリにアップ。)

昨日の夜にベビーサンダーで荒削りしていたので、今朝からオイルストーンで形を整えて紙やすりとコンパウンドで磨きを掛ける。ナンダカンダ納得のいくのに午後4時まで掛かってしまった。

完成したハイカムはまるでラジコンのパーツみたいだね。

夕方からバイク屋でエンジン組み立て開始。

エンジンを仮組みしてピストンとバルブのクリアランスをチェック。吸気バルブが2,5ミリ、排気バルブが4ミリ。(あれ?普通はどっちも同じくらいにならないか。)共に十分余裕がある。

エンジンオイルを入れてオイルポンプ作動チェック。「よしOK!]

待望のエンジン始動。ガソリンコックを開きキーをオンにしてキック!

「プルルルルルルルー!」

ノーマルカブの様な静かなエンジン音。排気音もかなり控えめな印象を受ける。

アクセルを煽っても静かな感じに変わりはなかった。

「へーっ、カムを削ってもっと小径にするとタペット音がほとんど感じなくなるのかぁ。」

バイク屋の社長は「これだけ静かだと大成功じゃないの。」と言ってくれた。

エンジンの様子を見た友人も「カムを削って調子を良くするなんてポップ吉村みたいじゃない。」と驚く。(テヘヘッ、ポップ吉村とは大袈裟だなぁ。嬉しいけど。)

不思議なくらい静かなエンジン。チューンナップされた横型エンジンでこんなに静かなのは始めて見たよ。

カムシャフトが小径小型化され、ロッカーアームも小径カムシャフト用の軽量タイプ。タペットアジャスターのロックナットにはチタンナットを使用した。そのせいかヘッド周りの負担が少なくなったのが良い方向に向かって行ったのだと考えている。

実はこのアイデアは夢のお告げ。夢の中で「こんな風にしろ!」と教えられたのよ。(マジです。)

夢の中で教えてくれた方、どなたか存じませんがどうも有難う御座います。

ところで貴方は誰ですか?

それではまた…

|

« ハイカム×ハイカム | トップページ | バルブタイミング »

コメント

・・・・・夢の中の人・・・・もしかしてPOPさんなのかも・・・・

投稿: アッチ.com | 2008年12月10日 (水) 21時36分

・・・・・すばらしい。
夢を見てる時、魂はあの世に行っていると聞きますから、もしや・・・?!

投稿: NS-1乗り ケン | 2008年12月11日 (木) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/26086270

この記事へのトラックバック一覧です: ポップ気分:

« ハイカム×ハイカム | トップページ | バルブタイミング »