« バルブタイミング | トップページ | 神様ありがとう! »

2008年12月12日 (金)

最高のエンジンフィーリング・最悪のギア抜け

午前中のバルブタイミングを調整した。

「さぁて、慣らし運転と行きますかぁ。」

暖機運転もそこそこに走行開始。ゆっくりとギアを上げてゆく。

凄い滑らかなエンジンフィーリング。でもガスがちょっと薄めだね。トルクが細い。要キャブセッティングだ。こんな静かな改造車は始めて味わう。良いねぇ最高だよ。

途中、エンジンオイルが完全に暖まると「グン!」と速度が上がった。ダメダメ、慣らしだからとアクセルを戻す。

3㎞ほど走ってシフトダウンをするといきなりギア抜けしたまま走行不能になってしまった。

部品取りに取っておいた6ボルト中古エンジンをベースにしたので、色んな箇所が消耗している。元々シフトチェンジに難があったのだが、とうとう限界が来たみたい。

自宅に電話を入れ迎えに来てもらう。

「またかよ。」って感じの嫁さん。でも気にしてないのが不幸中の幸いだ。

Photo_2 バトルカブを置いて一旦自宅へ。

トランポのステップワゴンに工具を積み、置き去りのバトルカブを回収しバイク屋へ。

特殊工具を借りてエンジンを開けるとシフトロッドの磨耗が目に付いた。おそらくこのエンジンの前オーナーはシフト時にアクセルを合わせない人だったのだろう。

交換部品はないのでもう一度調整して組み直した。

自宅に戻ってから再度様子見走行。

また3㎞行った所でお約束のギア抜け立ち往生。

「やっぱダメか。」

今度は自宅まで押してったよ。(嫁さんに怒られそうで。)

Photo倉庫の部品取りエンジンから使えそうなパーツを外す。

シフトドラムを回転させる爪が磨耗してないシフトロッドが見つかった。

明日はこれに交換しよう。

ついでにメインジェットの番数も上げてみよう。

明日もバトルカブを押してたりしてな。(そうならない事を祈る。)

それではまた…

|

« バルブタイミング | トップページ | 神様ありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/26131707

この記事へのトラックバック一覧です: 最高のエンジンフィーリング・最悪のギア抜け:

« バルブタイミング | トップページ | 神様ありがとう! »