« 映画の影響 | トップページ | 命の対価 »

2009年3月11日 (水)

インジェクションは黄金比

リュウ1さん、コメント有難う御座います。

お互いに最終的には国産エンジンの素晴らしさを知った訳ですね。タイカブといってもエンジンは日本製です。北国を走る俺には色々悩みの種がありまして…。

「タイカブで走らせてください!」

ってな事から始まりました。

俺がまだ究極のバイク探しの旅を始めた’80年代末期、世は峠ブームが終わり新たに林道ブームであった。(バイクという極、限られた世界の話。)

俺も林道ブームの最前線を走る為に当時珍しかったアルベーカー・スペシャル(XR系オフロードマシンのチューンナップ車)やKTMの半分レーシングマシンで毎日林道を走り込んだものです。(田舎なもんで)

そんな時にいつも思っていたのが、

「この世の中の道が全部林道ならいいのに。」

バイクはオフ車、自家用車は4WDに乗っていた俺のわがままな願いでした。

そう思っていたらクルマはスパイクタイヤ禁止、バイクはスパイクタイヤがOK(125ccまで)に法律で決まって俺は思わず万々歳。

雪が積もったら家の前の道が林道と化するのだから楽しいったらありゃしない。

俺は4年間スーパーカブで冬の雪道を走りました。

そして俺は思い知りました、「改造車ではダメだ。」とね。

最初からある程度満足するだけのポテンシャルを備え、如何なる天候にも左右されないインジェクション+エアクリーナーボックスの組み合わせでなくては真冬の厳しい環境ではまともに走れないのだと。

そこで次なる愛車に選ばれたのが新型のタイカブです。

最近のバイクは環境問題やエネルギー問題を解決する為にインジェクションをピンポイント的に制御する事で対応しているそうです。

嘘か本当か、ガソリンのオクタン価指定(レギュラーガソリンしか入れるな。)とか、マフラーは勿論の事スパークプラグまで純正指定以外の物に交換しても不調になるそうだ。

とにかく最新インジェクション・バイクの燃調セッティングは黄金比といえるかも。

下手な改造は不調の原因だね。

サブ・コンとかで再調整可能な場合を除き、これからの俺はほぼノーマルで走ります。

そして、ほぼノーマルでも速くする方法を探していきますよ。

生きてる内に究極公道バイクに乗る為にね。

ほんじゃまた。

Czi110 Photo

|

« 映画の影響 | トップページ | 命の対価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/28567725

この記事へのトラックバック一覧です: インジェクションは黄金比:

» ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像 [ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像]
ヌードCMで話題の戸田恵梨香に、さらに過激な映像があるという [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 22時13分

« 映画の影響 | トップページ | 命の対価 »