« 後輩君の相談が… | トップページ | エリートの作り方 »

2009年4月 6日 (月)

『750ライダー』って硬派だね。

NS-1乗り ケンさん、コメント有難う御座います。

どんなバイクでもレーサー化すると消耗度が激しくなりますね。やはりスピードは金食い虫です。

先週、少年チャンピオンの40周年記念で『750ライダー』が読みきり復活した。

『750ライダー』が全盛期だった頃の俺はまだ小学生。

人気作品だったから高校生になるまで連載されていたマンガだ。

当時の俺は「あんまり面白いマンガじゃないな。」と思っていたが成人してから単行本を読み返してみると子供の時と違ってこれが面白い。

今年で43歳になろうとする俺がみた新作の『750ライダー』は少年チャンピオン40周年を飾るに相応しい作品でしたね。

まず、順平とピットインのマスターの会話が相変わらずだし、用務員のオヤジさんも相変わらず。

後先を考えないワル・キャラも70年代から全く変わっていない。いや、むしろ強調された感じがある。

委員長と主人公・早川光は物凄いどんぐり目なって相変わらずのプラトニックラブを貫いている。

「委員長、アンタの気持ちは知っている。俺の気持ちも分かるだろ。フフッ。」

これがサザンオールスターズの桑田さんを虜にした『男は簡単に好きと言ってはいけない。』光線ですね。

連載終了後にファイナル・バージョン大作を見るとは夢にも思いませんでした。

今や死語となった「黙って俺について来い。」を現在の日本でやって許されるのは高倉健さんか、早川光クンだけですよ。

時代が変わっても良い物はやはり良い。

それにしても新作『750ライダー』はバイクがキッチリ書かれてますね。さりげなくディフォルメされた感はありますが、CB750をかっこよく魅せる画力は流石の一言。

あーっ、俺が金持ちだったら夏はCB750、冬はタイカブで走るんだがなぁ…

ほんじゃまた。

|

« 後輩君の相談が… | トップページ | エリートの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/28984877

この記事へのトラックバック一覧です: 『750ライダー』って硬派だね。:

» 青森県八戸市議・藤川優里-衝撃映像- [青森県八戸市議・藤川優里-衝撃映像-]
青森県八戸市議・藤川優里-衝撃映像- [続きを読む]

受信: 2009年4月 7日 (火) 12時30分

« 後輩君の相談が… | トップページ | エリートの作り方 »