« 『750ライダー』って硬派だね。 | トップページ | 最近の俺 »

2009年4月 8日 (水)

エリートの作り方

本業(農業関係)が忙しくて1ヶ月休みがありません。

でもタイカブ購入に希望の光が見える気がします。

嫁さんが通帳を見て微笑んでいるみたいだから…

突然だが農作物ってのはエリートなんだ。

成長の悪い苗は間引きされる。育つ過程では剪定されたりもする。(優秀か、そうでないか選別。)

収穫時にも売り物になるモノしか出荷されない。(味は勿論の事、姿形も重視される。)

そうやって作られたエリートの中でも最もエリートとされるのが実は種なのだ。

市場で流通する種は病気が無く、発芽率が高くなくてはいけないので超箱入りドーピング三昧。

稲作を例に挙げると、種籾を収穫する為の種籾は特別な土に何種類の農薬&化学肥料を使って苗になる。

例えるなら通常の土が普通の家だとすると種籾収穫用の土は超一流ホテル並み。しかも豪華な食事に医者とボディガード付きだ。

普通の苗が1~3種類の農薬・肥料で作られるとすると種籾収穫用の苗には7~10種類使用される。

その数も半端ではない。普通の苗に3~30袋を使用するに比べて種籾収穫用の苗は約190袋使用する。

発芽して病気なしの健康体にするにはコレくらい仕方が無いのだ。

いくら「俺んとこで作った野菜や米は有機栽培で作ったんだ。」と言ったって元々の種はサイボーグ並みに改造されている。

本当の意味で完全有機栽培は幻なのかもね。

市場に出回る農作物はエリート集団。

でも、曲がったキュウリが意外に美味しかったり、草ぼうぼうの畑で作ったメロンがメチャクチャ甘かったりするのは、エリートでも何でもない一般ピープルの俺にとってホッとする事実です。

アグリ・ビジネスの裏側でした。

ほんじゃまた。

|

« 『750ライダー』って硬派だね。 | トップページ | 最近の俺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/29028162

この記事へのトラックバック一覧です: エリートの作り方:

« 『750ライダー』って硬派だね。 | トップページ | 最近の俺 »