« やりぃー!サイクロン号(CZ-i110白赤カラー)注文 | トップページ | ガーデニングなのか?実験室なのか? »

2009年4月27日 (月)

トラクションを考えてみた。

コメントをくれた皆さん、有難う御座います。

サイクロン号(CZ-i110)が届いた際に一番にしたい事は頬ずりです。「待ってたよぉ~。」ってね。最低10年は乗れるように注意して走りたいですね。弄るのはそこそこにストップです。でもナンダカンダ弄りそうで怖いな。

昨年の冬に経験した屈辱。

それは真冬の慣らし運転です。

雪道の抵抗や極度の低温からエンジンに相当な負担を掛けてしまうので慣らしにならない。

CZ-i110は暖かい春から秋にかけてじっくり慣らし運転をするつもりです。

エンジンへの火入れは暖機運転をしっかりやり、通勤路の僅か2キロを何日も掛けて行えばバッチリでしょう。

さて本題。トラクションという言葉は知っているが、トラクションを得る為にどうすれば良いか理解している人は極少数。

答えは簡単、意識する事。

4輪は特に意識が必要。2輪の様に体の体重移動やバランス調整でトラクションを得易くする事ができないからね。

ブレーキング時には前タイヤ。加速時には後タイヤに意識を集中する。勿論、周りの状況を把握しながらだ。

バイクの場合はブレーキング時にハンドルよりもシートを押す骨盤側から意識を通して前タイヤに荷重してトラクションを大きくする。

低い位置からの荷重の方が荷重が大きくなり過ぎて発生するブレーキの握りゴケを防げるからだ。

加速時やタイヤグリップの悪そうな路面(未舗装路とか水溜りとか)での走行は主に後タイヤに意識を集中する。

不思議なことに後タイヤに意識を集中すると自然に骨盤を立てるような姿勢になる。(ならないのならそれは意識の集中と認識が甘い。)

そうすると後タイヤに掛かる荷重が大きくなり、アクセルワークもタイヤのグリップに合わせて行うようになるのだ。

これができるとロードタイヤでも林道でバンバン攻められる。

俺がエクストリームバイクをやっている時に感じた事だが、始めは意識しないと出来なかったトリックが何百回、何千回、何万回とやっているうちに意識しないでも出来るようになる。

これは人間が立つのと一緒で脳にそのトリックをする為のシステムが確立されたからだ。(でもあんまり練習しないと勝手に削除させる事もある。)

まずは意識してトラクションを得るように頑張る。何年もやってると自然にトラクションを確保できるようになる。しかし調子の悪い時もあるのでその時は初心に帰って意識集中。

これで『タイヤが滑って転倒』から一生開放される。(っかもよ)

ほんじゃまた。

|

« やりぃー!サイクロン号(CZ-i110白赤カラー)注文 | トップページ | ガーデニングなのか?実験室なのか? »

コメント

遅ればせながら、CZ-110の購入おめでとうございます。
長い間バイクに乗れなかった反動もあって、納車された日には徹夜で見とれてしまいますよね。
最近の私は・・・赤紙やられました。(原付一種)
33キロオーバーらしです。(:_;)
NS-1が30キロで走れるか〜(>_<)
罰金とねずみ捕りが怖い毎日です。

投稿: NS-1乗り ケン | 2009年4月28日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/29317942

この記事へのトラックバック一覧です: トラクションを考えてみた。:

» 通販中古タイヤ [中古のタイヤ通販で節約術]
インターネットの普及がなければ、わたしは、きっと中古のタイヤ通販に出会えてなかったと思います。まさにインターネット様様。溝のないタイヤを履き続ける方。 溝のないタイヤを履き続けるとバーストの原因や、ブレーキの効きが悪くなり思わぬ事故に繋がる可能性が...。タイヤは高い!と初めから新品タイヤ購入を諦めている方は、中古タイヤの通販を考えてみてはどうでしょう。 中古タイヤを通販で購入するメリットは 安く購入できるのが一番のメリットですが、中古の場合、注意すべき点もいくつかあります。...... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 12時01分

« やりぃー!サイクロン号(CZ-i110白赤カラー)注文 | トップページ | ガーデニングなのか?実験室なのか? »