« 究極のカブ。 | トップページ | WAVE110iは究極カブでした。 »

2009年5月23日 (土)

WAVE110iを観察してみる。

NS-1乗り ケンさん、麻生一郎さん、コメント有難う御座います。

WAVE110iが納車されたのはいいのですが、嫁から

「どうせ、明日と明後日は雨だからバイクのキー(鍵)を渡しなさい。」と没収されました。

相変わらずの女王ぶりです。

仕方が無いのでWAVE110iをじっくり観察してみました。

ジーっと見ていて一番目に付くのがシート。

Photo いかにもタンデムが楽そうなしっかりとしたシート。

座り心地も最高です。

これだけボリュームがあれば悪路走行時にライダーへの衝撃を緩和してくれそう。

有名なラリーニストが「シートもサスペンション。」と言ったそうですが、まさにその通りですね。

次に目を向けたのは

Photo_2 タイヤです。

生意気にも方向指定があります。

サイドの溝が深く、腕さえ良ければオフロードでも楽勝にブッ飛ばせそう。

タイヤ中央に溝を刻まなかったのが密かなやる気を感じますね。(燃費向上とグリップの両立?)

さぁーて、あと目新しいモノはっと・・・

おぉ、こりゃ凄い!

Photo_3 一見、何の変哲もないステップですが驚いた事に中が中空になっている。

俺はハンドルやステップの操作系にうるさい男だが、(ハンドル・レバーとステップの実用新案を持っているくらい。)このステップにはサスペンションとしての機能があるのだ。

さっきシートもサスペンションという話もしたがステップにサスペンション機能を付けるなんて、俺も過去に考えた事があったがこんな方法があるなんて全く思いつかなかったよ。

これは本当に凄い。本物だね。欠点が全くないもの。

このステップを考えたのはタイ・ホンダの技術者だろうからタイ人?(エンジンは日本製、車体はタイ。)やるねタイの人。

フロント・ブレーキレバーのストロークが多からず少なからずなのも良い。

微妙な力加減が可能な指の第一関節からレバーが離れない範囲で操作できる。

う~む、良いねぇ。

えぇと、あとは

Photo_4やっぱこれだね。カブの象徴サイドの泥除け。

ないと困るし、大き過ぎると邪魔になるしコレくらいが丁度良い。

足出しスタイルのライディングで足との接触はなさそうだ。

いいねぇ、WAVE110i。

多分、売っているエンデュランスでもここまでは分からないだろうな。

秋田のタイカブ代理店が「タイカブ売れないよ~。」とか言ってるらしいが、そんなの簡単。

代理店のオヤジ(社長)が365日、雨でも雪でも平気で走ってるところを皆に見せれば「タイカブって凄いんだぁ。」と興味を持つハズ。

あとはセールストークで売りまくればいいだけ。

俺が代わりにやってやるがね。

バイクのキー(鍵)はないけど・・・。

ほんじゃまた。

|

« 究極のカブ。 | トップページ | WAVE110iは究極カブでした。 »

コメント

遅ればせながら納車おめでとうございます
ピーキーさんをして唸らせる出来栄えに私も感動致します
走りのインプレッションを期待しております

投稿: 桜華 | 2009年5月23日 (土) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/29754494

この記事へのトラックバック一覧です: WAVE110iを観察してみる。:

« 究極のカブ。 | トップページ | WAVE110iは究極カブでした。 »