« 仕事帰りに大潟村の砂利道を満喫する。 | トップページ | リアボックスってシーシーバー? »

2009年6月20日 (土)

今から雪道トレーニング

麻生一郎さん、無口部隊さん、コメント有難う御座います。

麻生一郎さん、もうカスタム開始ですか?凄いですねぇ。俺も虎視眈々と次なるチューンナップを狙っていますよ。

無口部隊さん、もう最高ですよ。WAVE110iは名機ですね。

その証拠に俺が長年のライディング・スタイルの足出しが見事に矯正されてしまいました。

まるで「私を上手に乗りたければそれではダメよ。」と教えられてる様です。今ではステップから足が外れる事はありません。車体が50年分進化しているせいか足を出してバランスを取る必要がないみたいです。

全く関係ない話だが、仕事でダンプカーに乗ってこの間の大潟村農道を走る機会があった。

「4トンダンプだとどれ位の速度が出るかなぁ。」

ちょっと狭い農道で最高速アタック。

Photo ひょえ~、WAVE110iとほぼ一緒だよ。

やるじゃん!三菱ふそう・ファイター!

最近、仕事の休憩中にコンビニまで飲み物を買いに行くのだが、田舎なもんで5キロ以上走らなければいけない。

当然、WAVE110iで行く。

但し、タダ行かない。雪道走行を想定して狭くてタイトな道をトップギア(4速)のみで走るのだ。

皆はコーナーリングが安定しているとバイクが抵抗感なく進むのを知ってる?

これが出来るといつもより1速、もしくは2速高いギアで走行できるのだ。

俺が普段通る県道はこんな感じ。

Photo_2 秋田県でもバス運行がある道としては一二を争うほど狭い道だ。

俺はここをWAVE110iで時速60~80キロのペースで走る。

それでもアクセルは八分目だけどね。

コーナーリングが安定していると高いギアでもスピードがあまり落ちないのだ。

Photo_3対向車だってバンバン走ってくる。

狭くてタイトな道で安全を確保しながら飛ばせるのは元林道暴走族と呼ばれた俺だから成せる業か。

でも、何故わざわざ高いギアで走るのか分かる?

それは雪道で限られたタイヤのグリップを最大限に活かす為に、ワザとギアを高くして過大なトルク変動を無くすのだ。

Photo_4

だから普段から高いギアを活用する走りを身につける必要がある。

安定したコーナーリングを得るハンドル&ステップ荷重、クラッチワーク、

そしてなによりそれを可能にするエンジン。

まさに人馬一体を目指す。

Photo_5雪の降らない季節に出来ない事を本番の雪道で出来る訳が無いからね。

日頃からこんな道で休憩がてらにトレーニングしている俺です。

これが完璧になったら冬は俺の季節となる。(ハズだ)

Photo_6 すでに気分は冬のピーキーでした。

「頭、おかしいんじゃないの?」っと思うかも知れませんが、

Photo_7こんな事や、

Photo_8  こんな事、

ましてや、Photo_9 こんな事するよりもよっぽとマシですよ。(現役エクストリーム・ライダーの皆さん、ゴメンナサイ。)

ほんじゃまた。

|

« 仕事帰りに大潟村の砂利道を満喫する。 | トップページ | リアボックスってシーシーバー? »

コメント

何気ないですが、高いギア走行は難易度が高いと思います。
そもそも、封印された足出しも試しましが、自分には無理でした。

でも、今まで冬は苦手でしたが最近は違います。
とりあえず、テラテラ光るアイスバーンの路面でも前進できるのがこの上なく楽しいです。

温暖化などに負けずにバンバン凍れよー。いつも行く道。
って、感じです。

投稿: たらし | 2009年6月21日 (日) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/30199679

この記事へのトラックバック一覧です: 今から雪道トレーニング:

« 仕事帰りに大潟村の砂利道を満喫する。 | トップページ | リアボックスってシーシーバー? »