« 朝寒風で峠萌え | トップページ | 仕事帰りに大潟村の砂利道を満喫する。 »

2009年6月16日 (火)

地上最高の『俺の足』

桜華さん、麻生一郎さん、いしかわさん、コメント有難う御座います。

朝の峠は気持ち良いですよね。WAVE110iを購入した麻生一郎さんは尚更に気持ち良い走りが楽しめますよ。いしわかさん、ぜひカブ110購入してください。インプレッションよろしく。桜華さん、また来週寒風山で会いましょう。

女王(嫁)が友人から「あなたの旦那さんが赤いバイクで走っているところを見たわよ。随分楽しそうねぇ。」と言われたそうだ。

どうやら俺はいつもニコニコしながら走っているらしい。

そりゃそうでしょう。WAVE110iは地上最高の『俺の足』だもの。

昨日も女王が友人からもらった『じっちゃのせんべい』という塩煎餅が激ウマで、何処で売っているのかWAVE110iで調べにいったよ。

煎餅が入った袋の裏を見てみると俺の地元で製造販売している。

「そこなら近いな。」と仕事の合間に探しに行ってみた。

Photo 「あったよ、あった。ここだここ。」

すぐに撮影。

Photo_2 じっちゃ(秋田弁でお爺さん)の店は予想通りひっそりとそこにあった。

俺が携帯電話のカメラで撮影していたら、じっちゃ本人が登場。

思わず事情を説明し、不審者じゃない事をアピール。

『じっちゃのせんべい』を作るじっちゃは、白髪の短髪で体のガッチリしたどこか品のある男前の老人。見るからにナイスガイ爺さん。

やはり品がありそうな犬を連れてこれから散歩らしい。

袋に描かれたイラストのじっちゃよりも数倍カッコ良かった。

WAVE110iのおかげで何処に行くのも楽しくてしょうがないね。

走って楽チン、気楽にスポーティー。これで楽しくないハズない。

いつでもどこでもス~イスイ。

それが俺の足・WAVE110iだよ~ん。

嘘だと思ったら買ってみろぉ!(暴言です。スミマセン。)

ほんじゃまた。

|

« 朝寒風で峠萌え | トップページ | 仕事帰りに大潟村の砂利道を満喫する。 »

コメント

またまた麻生一郎登場(^^;)


こんにちは♪


昨日、運転免許証の更新に運転試験場まで120km程ツーリングしてきました。

↑講習によれば、全国的に大型バイクだけではなく原付二種の車との接触事故&死亡事故も多発しているようですので皆様お気をつけて!


道中、信号待ちでおじさんライダーの人が寄って来て
『こ・これ何てバイクですか?凄く綺麗!』と言われました。
納車日にデカールを全て剥がしてしまっていたのでね(^^;
信号が青になるまで、簡潔に熱く語って別れました。
何故か、おじさんライダーにだけは彼方此方でジロジロ見られます(自分もオジサンですが・・・)


気になる燃費報告ですが
白バイに捕まらないギリギリのスピードで走って
燃費はなんと60km/Lでした。
(上手く走ればもっと燃費が良くなりそうです)

なんだかんだ弄ってしまって、
携帯電話充電用に電源取り出しキットを装着。
ついでにアーシングとスイングアームを保護するドロヨケを自作してみました☆

ゆっくりでも速くでも快適で疲れない
経済的で最高の足です♪happy02

投稿: 麻生一郎 | 2009年6月18日 (木) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/30140099

この記事へのトラックバック一覧です: 地上最高の『俺の足』:

» リングで死亡!三沢光晴 試合の映像を分析 [リングで死亡!三沢光晴 試合の映像を分析]
プロレスラー三沢光晴 リングで死亡!バックドロップで頸髄(けいずい)離断! [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 13時04分

» ケータイ小説 天使の恋 映画化決定! [映画化決定!ケータイ小説 天使の恋]
主演、佐々木希で映画化決定!ケータイ小説 天使の恋 [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 21時48分

» あいださくら ハメ撮りツーショット流出 [【速報】 あいださくら 【マジで?】]
18歳でAVデビューする「あいださくら」ハメ撮りツーショット流出 [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 10時32分

» 【回避パッチ】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【マジコン】 [【回避パッチ】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【マジコン】]
【回避パッチ】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【マジコン】 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 13時46分

« 朝寒風で峠萌え | トップページ | 仕事帰りに大潟村の砂利道を満喫する。 »