« WAVE110iに悪戯してみました。 | トップページ | 手動式ラムエア »

2009年7月 1日 (水)

いけちゃんは西原さん。

嫁と二人でデパートの書店に行った。

最近、映画化された『いけちゃんとぼく』(西原理恵子 原作)の絵本を手に取る俺。

「この本って出た当時に見なかったけ?」

全然ストーリーが思い出せない。

なんで?

不思議な事に見たはずの本の内容が全く浮かんでこないのだ。

まずは見てみる。

いけちゃんというオバケらしいキャラクターと主人公の少年との日常が面白く、西原節全開。

但し、少年の父親の死など西原さん自身に起きた事をネタにするのはやり過ぎの感もあった。(西原さんはご主人を亡くされているのでお子さんの実体験とカブる)

「なんでここまでやるの?」っと思ってたら、いけちゃんの正体をラストで知ってその謎が解けました。

いけちゃんというキャラクターは西原さんの亡くなったご主人に対する想いではなかろうか。

そうでなければここまで描けない気がする。

感動のあまり書店で号泣する俺。

それと同時に記憶が戻る。

ハッ、以前に見た時も書店で号泣して店を飛び出したんだっけ。

俺は40歳を越えた頃から嫌な事や恥ずかしい事は忘れる癖がついていたのだった。

全力で書店を出てトイレに駆け込む。

恥ずかしい~。

俺が涙もろい?

いや、『いけちゃんとぼく』が俺を泣かすのだ。

アンタはずるい人だね。

これは反則ですよ、西原さん。

皆も『いけちゃんとぼく』見て泣け。

そういえば、クレヨンしんちゃんの実写映画が出来るそうだ。

それも俺が大泣きさせられたアニメ映画の実写版だとか。

もう降参だよ。ブ~!

ほんじゃまた。

|

« WAVE110iに悪戯してみました。 | トップページ | 手動式ラムエア »

コメント

以前に俺も書店で涙を流したこと。
いま思えば多々ありましたよ。
こうだったんだろうなぁ…とか、人の痛みや、気持ちが分かるから、自分の心に深く印象付けるのかもしれませんね。

今は暴力的な内容の漫画や映画を見るのは目を覆いたくなる程に辛いです。

話変わって
今夜、納屋でウェーブにWAXがけをして磨いていたら、家で可愛がっている野良のチビ猫が追われて納屋に逃げて込んで来ました。追い付かれて目の前で悪い猫に噛みつかれて『ギャーギャー!』っと叫んでいました。
チクショー!いつもチビ猫を虐めに来る悪い猫だ『てめぇ!』油断した隙を見て悪い猫にキックしました。悪い猫は一目散に逃げました。
チビ猫もビックリしたようで逃げましたが、暫くはチビ猫を虐めるコトは無いと想います…
軽めに蹴ったとは言え、キックした悪い猫も痛かったろうにと、だんだん心配になり…俺の頭の中で特捜最前線の終りのテーマ『私だけの十字架』が暫く流れガックリと落ち込んだ。

正義っていったい何なのか深く考えさせられました。

投稿: 麻生一郎 | 2009年7月 2日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/30362308

この記事へのトラックバック一覧です: いけちゃんは西原さん。:

« WAVE110iに悪戯してみました。 | トップページ | 手動式ラムエア »