« 回転リミッターの憂鬱 | トップページ | プロ・ライダーから相談を受けました。 »

2009年8月 3日 (月)

やっぱりバイクは乗るもんだ!

テールライトさん、麻生一郎さん、コメント有難う御座います。

テールライトさん、参考になりましたでしょうか?WAVE110iはまだまだ何かありそうです。

麻生一郎さん、後継ぎとは難しいものです。俺も世代のギャップに苦しめられたり、家業自体に後を継ぐだけの意味があるのか?と自問自答したクチです。「自分の判断に後悔しない。」これが大事だと思うのですが…

昨日、協和カートランド・モータースポーツフィステバルに行ってきた。

友人達のエクストリームバイク&バイクドリフトを見る為だ。

見に行って後悔した。

「やっぱりバイクは見るもんじゃねぇ。乗るもんだ。」ってね。

俺もやりたくなってしょうがない。

「俺だったらこうして、こうやって、こうで、こうだ!」

思わず現役復帰しようかな?なんて思ったよ。

でも、すぐにやめた。

俺はウェーブ(WAVE110i)でエクストリームしてるからね。

なにもウィリーやストッピーするだけがエクストリームじゃない。

俺の走りがエクストリーム・カブというジャンルだ。

峠や雪道での走りを見れば充分納得するハズさ。(雪道走行動画を撮影予定)

Photo 納車後2800キロでスリップ・サインが現れた。

いつも時速100キロ前後で走れば、いくら耐久性抜群タイヤでも当たり前。

平地で120キロオーバー、下り坂で133キロで回転リミッターを作動させる。(もうすぐ140キロは確実。)

こんな走りをしてたら当然かぁ。

話は変わるが、女王(嫁)から「そこ(右側吸気穴)に貼ったガムテープを剥がしなさい。みっともない。」と言われた。

俺は指示通りに剥がした。

Photo_2その代わりにリアボックスの中にガムテープを貼り、「今日は本気で走るぜ!」って時に中から剥がして吸気穴にペタッと貼るつもりだ。

ガムテープがあるなしで下りの加速が全然違うからね。

長い下りで速度を上げて、その勢いで上りの速度低下を減少させる事もできる。

高々10馬力程度のパワーには最高の武器だ。

「秋田の妖怪『タイカブおじさん』 は夏にも出るが冬にも出る。」

そう言われたいものです。

ほんじゃまた。

|

« 回転リミッターの憂鬱 | トップページ | プロ・ライダーから相談を受けました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/30820746

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりバイクは乗るもんだ!:

« 回転リミッターの憂鬱 | トップページ | プロ・ライダーから相談を受けました。 »