« 5分で出来るハンドルレバー加工 | トップページ | ジャロと呼ばれた俺 »

2009年9月15日 (火)

松本人志が作る映画の正体

ダウンタウン・松本人志さんの2作目の映画『しんぼる』が公開される。

1作目『大日本人』をラストまで見た人は、「なんじゃこりゃぁ。」って感じになったハズだ。

途中までシリアスタッチでCG盛りだくさん怪獣映画だったのが、いきなり「ここからは実写で見て下さい。」とかいって着ぐるみでのコントになりエンディング。

北野たけし作品の様にお笑い芸人あがりの映画監督が作ったマジメな作品と思って見た人は、「???????」となったろう。(俺もその一人。)

鑑賞後、「一体、この作品は何なのか?」俺はその意味を探した。

一週間悩んだ末に出した答えは、

「松本人志の『大日本人』はお笑いの一つであって、お笑い芸人の夢である『あきられない芸人』になる為の一手段なのだ。」という事。(この答えはまんざら間違ってはいないと思っている。)

今回、2作目となる『しんぼる』は1作目とは何かニュアンスが違う。

聞けばこの作品は登場人物がほとんど松本人志さんしか出てこないとか。

俺はまたもや考える。

「2作目の目的は何なのか?」

松本人志さんのプライベートを見た人の話だと、彼は普段から相当自尊心が高い人物だという。

その事から俺が考える松本人志という人物像からすると、2作目も彼を満足させる為の作品でなくてはならない。

俺が想像するに『しんぼる』という映画は、

松本人志プロモーション映画という可能性が出てくる。

本当にそうなのかは映画本編を見れば判るハズ。

どっちにしろ松本人志という人物の志の高さを感じずにはおれないね。

ほんじゃまた。

|

« 5分で出来るハンドルレバー加工 | トップページ | ジャロと呼ばれた俺 »

コメント

自分的にしんぼるはそれなりに面白かったけど
良くわからない映画でしたw
松本さんはこの先どんな映画やっていくんでしょうか

投稿: ニュースウォッチ | 2009年9月27日 (日) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/31386518

この記事へのトラックバック一覧です: 松本人志が作る映画の正体:

« 5分で出来るハンドルレバー加工 | トップページ | ジャロと呼ばれた俺 »