« 松本人志が作る映画の正体 | トップページ | 現場の知恵 »

2009年9月16日 (水)

ジャロと呼ばれた俺

メイト乗りさん、麻生一郎さん、コメント有難う御座います。

メイト乗りさんからのコメント、

レバー真似させていただきましたm(_ _)m
凄くいい感じになってビックリです。

それを言ってもらえた事に喜びを感じます。見た目からは想像もつかない扱い易さに驚愕したと思いますが、俺からしてみると当然の結果です。現在までのハンドルレバーは欠陥品なんですからね。メイト乗りさんが自分で加工したブレーキレバーは世界中で乗られているメイトってバイクの中で唯一マトモなレバーなんですよ。バイクはまだまだ不完全な乗り物です。

「なにを偉そうに。」っと思った人はメイト乗りさんみたいにハンドルレバーを加工すれば理解できるハズです。何も確かめないで文句を言うのは勘弁してください。

麻生一郎さん、そうなんですよ。フルキットであの値段は買いですよね。とはいっても俺が買うのは来年の夏頃です。お互いお金には苦労してる様ですが頑張りましょうよ。

俺は昔から嘘つきに思われる。

「寒風山の登りバトルでCRM50に乗ってニンジャに勝った。」とか

「オフ車で砂利道を時速180キロオーバーした。」とか、

「ウィリーで4キロ走った。」とか、

「峠でスーパーカブに乗り、GSX1000Rをぶっちぎった。」とか、

「冬はスーパーカブで雪道時速100キロオーバー通勤している。」とか、

俺と親しくない人には大嘘つきに思われる。

「あいつはジャロだね。(嘘・大袈裟・紛らわしい)」とよく呼ばれたものだ。

みんな本当なんだけど…

俺の過去の愛車は超大音量の爆音仕様。(それでもシングル・レースではまだ静かな方。)

ここ数年、静かなバイクに乗り換えても、暴走族が走る度に近所の爺さん婆さんは俺が相変わらず暴れてると思ってる。

まぁ、自業自得&因果応報だって諦めるしかないかぁ。

俺の楽しみは、『残りの人生でどれだけ嘘みたいな本当の話を作れるか。』だよ。

それが問題。

リミッター(嫁)の監視が厳しいし。

最近、嫁さんにWAVE110iの改造がバレた。

「この嘘つき!勝手に改造しないっていったのにぃぃぃぃ~。」

「ゴメンナサ~イ!」ひたすら土下座する俺。

二度と嘘をつかない様に約束させられました。

ほんじゃまた。

|

« 松本人志が作る映画の正体 | トップページ | 現場の知恵 »

コメント

はじめジャロって読んで、黒人の演歌歌手と間違えちゃいました(笑;)

嘘は駄目です(^_-)☆

WAVE110iはノーマルでも本当に良く出来たマシン

だけど、早くもマフラー(エキパイ部分)が錆び錆びだぁ!(+_+)

これからもピーキー様の色んな『信じられない伝説』御活躍を期待しています♪(^^)v


早速、ブレーキレバー加工やってみるよ☆

投稿: 麻生一郎 | 2009年9月16日 (水) 23時53分

爆音による冷たい眼・・・・
良く解ります。
私のNS-1は、フライホイール軽量化にチャンバー・ポート共に高回転型仕様になっているので、特に飛ばさなくても冷たい眼が・・・ジロリ(;^_^A
でも、一応スポーツ車両というのは外見から解るので(単純にただフルカウルなだけ)、「五月蝿いもんや」みたいには見られてるみたいです。
ブレーキレバー、やってみようかな!?

CRM50でニン・・・
凄すぎます。

投稿: NS-1乗り ケン | 2009年9月17日 (木) 14時14分

最初、理屈では解っても半信半疑でしたが加工して使ってみるとノーマルとの違いが明らかですね。
加工前は、強く握ると指に対して当たり具合が悪く何度も続けて強く握ると指が痛くなってましたが、加工後は全く痛くならず握るのが自然な感じで気持ちいい位です。
しかし、あまりにも具合が良すぎて、ついいつも以上のペースになってしまいます…
ブレーキのコントロール具合、ブレーキしつつのアクセルのコントロール具合も絶好調になりました。

投稿: メイト乗り | 2009年9月17日 (木) 15時42分

ちなみに加工後こんな感じになってます。

http://o.pic.to/13nn2m

投稿: メイト乗り | 2009年9月17日 (木) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/31403323

この記事へのトラックバック一覧です: ジャロと呼ばれた俺:

« 松本人志が作る映画の正体 | トップページ | 現場の知恵 »