« タイ式タイヤ選択 | トップページ | WAVE110iのボアアップ・キット。 »

2009年9月 9日 (水)

ライディング・ポジションについて

ひのきちさん、無口部隊さん、麻生一郎さん、コメント有難う御座います。

無口部隊さん、報告ご苦労様です。本番当日までにウェーブのセッティングを煮詰めますよ。お楽しみに。

麻生一郎さん、気が合いますねぇ。俺もスパークプラグの選択に悩んでいます。暑い季節が終ると熱価10番のままだと冷え過ぎるみたいですね。ただ今、ウェーブにピッタリのスパークプラブを見つけている最中です。

今日の本題はひのきちさんに相談された事についてです。

リトルカブのフロントだけ17インチにしようか悩んでいます。
今の状態でも決して扱い辛いわけではないのですが、もっと少ない入力にフロントがすっと動いてくれないかと悩んでいます。

私も今年はスパイクタイヤを使い冬道を楽しむ予定ですが、その前にフロントのホイールをインチをどうするか…
ピーキーさんは、どうお考えでしょうか?

ってな訳ですが、俺の考えをお答えしましょう。

フロント17インチにする必要はありません。

フロントを17インチ化するとスパイクタイヤ装着でフェンダーをカットする必要が出てきます。

せっかくの可愛いリトルカブが台無しです。(俺の場合はサーキット走行でのバンク角確保に前後17インチ化しました。)

ひのきちさんの言う、「リトルカブを僅かな入力で曲がる様にする。」にはライディング・ポジションを変更するだけで事足りるハズです。

では、どうすればいいのか?

『ケツ上げキット』でちょっとだけ前傾ポジションに矯正するのです。

Photoヤフオクでよく見かける『ケツ上げキット』をリアサスに追加して3cmだけリアの車高を上げます。(価格が送料込みで2000円程度。)

一般的なフロント・フォーク突き出し変更での前傾ポジションとは違い、副作用なくフロントタイヤへの荷重を増やせます。

そもそもライディング・ポジションって何?って話ですが、

ロードスポーツ・バイクはフロントタイヤへの重量配分を大きくして旋回性を引き出す様に極端な前傾乗車スタイルになっています。

オフロードバイクは前後の重量配分が50対50になる様に設計されていて、悪路での予期せぬ車体の動きを制御し易い乗車スタイルです。

オフロードバイクでコーナーリングをする場合、旋回性を最大限に引き出す為に燃料タンクの上に乗ってフロントタイヤへの荷重を大きくします。つまり意識して重量配分をフロント側に大きく掛けているのです。(オフロードバイクのタンク上まで伸びたシートはその為です。)

スーパーカブ等の乗車スタイルはオフロードバイクとほぼ同じ。(ダートトラッカー的な感じ。)

しかし、オフロードバイクの様に燃料タンクに乗るにもその燃料タンクがシート下にあるので、フロント荷重を作り出す為にあの手この手と使います。

俺の場合はコーナー・イン側のハンドルに強く荷重を掛けて、フロントタイヤを丁度スキーのエッジを利かせてターンするのと同じ具合にして曲がります。荷重の按配が分かるまでに経験と年数が必要ですがね。

そこで今回の『ケツ上げキット』でロードスポーツほどではないにしろフロント側の重量配分を少しだけ大きくしてやる。

元々、リトルカブは前後14インチホイールで小回りが利きますから、ライディング・ポジションを少し前傾させる事で旋回性を向上させられるのです。

わざわざ17インチ・ホイールで極細タイヤする必要はありませんね。

スパイク・タイヤも14インチサイズがありますので、リトルカブのままで楽しむ事をお勧めします。

参考になりましたでしょうか。

ほんじゃまた。

|

« タイ式タイヤ選択 | トップページ | WAVE110iのボアアップ・キット。 »

コメント

こんばんは


CR7Eをそのまま組み付けるのもなんなので、俺のお得意の接地電極のテーパー加工(イリジウムプラグとかにしてあるやつ)をグラインダーでチリチリと削っていたらまたまた手元が狂って削りすぎ(+_+)取り敢えず組みつけて走ったら良い感じでした☆
でも自らプラグの寿命を絶ってしまったので、仕事終えてバイク用品店に駆け込み、09年の適合表に載っているCZ-i110の欄には純正プラグすら「ホンダルートから取り寄せてください」と記載されているのですが…(--;)

昼間のCR7Eに学んだ経験を生かして、俺の乗り方にベストマッチなプラグは?!

じゃ〜ん!!(古っ)


コレだ!!と言うのがあったよ!!『CPR7EAIX-9』イリジウムですよ〜(^^)v
八番九番も在庫ありました☆


六番の在庫は無かったけど、麻生号には七番が適当と睨んだぜ。


上手く走れば
コレで決まり!!かな?(笑)


車のお古のシリコンプラグコードを切って加工してWAVE用に自作したので(赤いシリコンプラグコードを黒のビニテでぐるぐる巻いて地味に仕上げ済み)
明日取り付け走らせてみます(^-^)v(^o^)/~~

コイルから純正プラグコードを抜くのが苦労したケド(+_+)

投稿: 麻生一郎 | 2009年9月 9日 (水) 23時51分

ただいま


楽しみを明日に取って置けないワタクシはベッドを抜け出して部品を組みつけて真夜中に試乗して来ましたよ。


以前に弄りはノーマルに戻したと書きましたが、結果的に戻したのはスプロケのみ。

点火系など、一度ノーマルに戻して、考えてまた改造しました。
でも今までのように改造していますが、見た目素人には解らないよ〜に配線をやり直しただけです☆
自分で弄った効果の有った改良点はシッカリと走りの実績として残してます。

さて、シリコンコード&イリジウムプラグですが、結論から報告しますと『最高!!』『快感!!』『走る悦びだ!!』と言った感じに仕上がりました。
何処が良いかと言うと、極低速から低速〜中速〜全開まで、エンジンが冷えていても暖まっていてもどこのアクセル領域でもそのレスポンスとトルク感がとても気持ち良いんです!
まさに『打てば響くピックアップ』最高でした。
思わず遠回りして帰宅してしまいましたよ(^^ゞ

今想えば、ドノーマルの時の空吹かしのレスポンスはもっさりと吹け上がっていましたが、プラグ穴近くにアーシングを施してからはかなりピックアップが良くなりました。
そしてピーキーさんから学んだクランク内圧調整バルブ装着で吹け上がりが軽くなり、自分で探ったアーシングを渡してオイルは5w50。そしてシリコンコード&イリジウムプラグ装着したらレスポンスが激変しました。今までよりもアクセルを少ししか開けなくても気持ち良く進むので恐らく燃費も良い事と容易に推測出来ます。

僕の理想なファインチューンの極みです。

ここでミソなのが最高速に拘っていないトコロ。

平地風防ナックルガードカゴリアボックス殿様乗り左手ブーストOFFの状態で105と平凡ですが、そこまでの加速のトルク感が激変したので私は大大大満足です☆

イリジウムプラグは有効で排気音が乾いた感じで歯切れ良い感じになりました。トルク感が増えて上り坂での回転の低下も減少したことも付け加えておきます。

結果、
理屈抜きでアクセルのレスポンスが気持ち良くなる。

ツーリングが楽しくなる♪


多分国内カブも同様に良くなると思う。


これなら上のスプロケも生かせそうです☆

風防着いてるのもあってか、真ん中のフレームカバーの上に両足を置いて猿乗りみたいに夜の田舎道を走ってしまいました(^^ゞ
以外と楽な姿勢な乗り方でした(笑)
楽しくてハイになっていた?のかも(爆)

つい嬉しくて大人気ない
興奮気味のレポートでした。


それでは
皆さんおやすみなさいm(__)m

投稿: 麻生一郎 | 2009年9月10日 (木) 02時46分

以前、言っていたフロントタイヤのエッジを効かすというのはそういうことだったんですね。勉強になります。

早速練習してみます!

投稿: 素人 | 2009年9月10日 (木) 17時25分

ピーキーさんアドバイス有り難うございます。
リトルカブの14インチの姿を気に入っているので、今回は教えていただいたキットを使って様子を見てみます。
このまま14インチで行くならば、チューブレス化もやってみようかなと考えています。

投稿: ひのきち | 2009年9月11日 (金) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/31306841

この記事へのトラックバック一覧です: ライディング・ポジションについて:

« タイ式タイヤ選択 | トップページ | WAVE110iのボアアップ・キット。 »