« トマトの水栽培 | トップページ | 今年の正月記 »

2009年12月29日 (火)

根っこパワー

トマトの水栽培を開始して気がついた事は、植物は根っこなしでは生きていけない。しかし、病気のなるのも根っこが原因って事。

そもそも「トマトの水栽培をやろう。」って思ったのは、知り合いからもらったチューリップの球根を昔を懐かしんで水栽培をした事から始まった。

チューリップは肥料分を高濃度に混合した水を与えると僅かに根が伸びるだけで必要な栄養を取り込める。

逆に肥料分が少ない、もしくはほとんどない水だと物凄い勢いで根が伸びてゆく。

水栽培では土作りの必要がないので水に混ぜる肥料の選択と分量を調整するだけで簡単に栽培ができるのが強み。

現在、俺の家のリビングに置いてある2つのチューリップの水栽培球根は肥料分を多い方は根っこの長さが5ミリ程度(約2週間栽培)。もう1つの肥料を少なくしている方は栽培して4日で根っこが3センチになった。

普通は根っこが栽培用容器の底まで到達したら根の長さの半分まで水を減らしで酸素呼吸をさせてやると良いらしい。(植物って光合成するのには二酸化炭素が必要だが、根では酸素が必要なのか?不思議だ。)

そこで俺は考えた。

水栽培にしたトマトが順調に育ったら一度肥料を与えるのを止めて根の成長を促進させてやろう。

根が充分に成長したらその時に通常の肥料分を与えればトマトの果実は大きく甘くなり、茎や葉も立派になるのではないだろうか。

そしたら水栽培に無縁にみえるスパルタ農法も可能かもね。

これから冬本番。

冬季の水栽培は水温調整(20℃前後)が必要になってくる。

金魚飼育用のヒーターで暖めてやろうかな。

|

« トマトの水栽培 | トップページ | 今年の正月記 »

コメント

トマトが終わったら、葉物でやったらどうですか?
葉物は収穫サイクルが短くて、経験値を上げれそうですし。
春菊、小松菜etc…

投稿: いつかの人 | 2009年12月30日 (水) 06時40分

こんばんは
水栽培の研究進んでいるようですね☆

いろいろあったけど今年はお世話になりました。
お仕事やマシンの修復。
おれ心から応援していますので是非とも頑張ってくださいね☆

俺は同じエンジンを搭載したマシンをダブルローン組んで2台も所有していますがどちらも改造せずに純正状態にして、暇なときにWAVE110iとスーパーカブ110の各部の作りの違いをたまに研究していますが、各部が微妙に違うのでいつも新しい発見だらけです。
今年1番驚いたことはカブ110の方が若干低速トルク感が強いのに(カブの用途を考えたら当然のセッティングですよね)何とリヤスプロケを見たら34Tだった事です。倉庫の床に寝転びながら驚く。そして閃く。
おまけによく見たらWAVEのチェーンはカブよりも若干長くホイールベースも長い仕様になっている。国内カブはもしかしたら小回りの要望に合わせてチューニングしてあるのかな?違うかな?いろんな事を感じました。なるほどメーカーって凄いや。リヤタイヤは2.25も試したけどスピードが上がると若干切れ込む感じなので俺には純正サイズの2.50がベストでした。

倉庫の床に寝転んで居たのはアクスルシャフトとカラーを外すだけで両車両共にリヤタイヤが外せることに気がついたからです。トルクロッドが着いたままのドラムは少々外しにくいから寝転んで慎重に外します。


みんなメカが好きなんですね。根っ子はおんなじ☆根っ子パワーで寒い冬を乗りきりましょう(^_-)

それでは
どうぞ良いお年をお迎え下さい(^^)v

投稿: 麻生一郎 | 2009年12月31日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/32784525

この記事へのトラックバック一覧です: 根っこパワー:

« トマトの水栽培 | トップページ | 今年の正月記 »