« 解体珍書 | トップページ | 冬将軍 »

2010年1月31日 (日)

心を持ちたいロボットのぞみを見ました。

秋田駅裏にあるビル『アルヴェ』で行われた大道芸のイベントを何気なく見に行った。

しばらく眺めていると人気大道芸人のぞみさん(男性・イケメン)のロボット・パントマイムが始まり、その直後から不思議に涙が止まらなかったよ。

今回演じたテーマは、ロボットの一生とロボットの様になってゆく人間の二本立て。

30分のパフォーマンスは楽しさと感動で溢れていました。

そして何より観客に感謝するのぞみさんの気持ちが強く自分に伝わってくる事が驚きです。

愛を大道芸にしてるなんて素敵だと思います。

そして俺は思う。

「のぞみさんは俺とは対極の人間だな。」

愛もあるが根性もあるねこの人は・・・

おまけ:TV番組『泣ける歌』に出演する大道芸人のぞみ http://www.youtube.com/watch?v=CMTbHDHEp1Q

|

« 解体珍書 | トップページ | 冬将軍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/33195939

この記事へのトラックバック一覧です: 心を持ちたいロボットのぞみを見ました。:

« 解体珍書 | トップページ | 冬将軍 »