« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月24日 (水)

ボンドガール?キム・ヨナ

女子フィギュア・スケートを見てたけどキム・ヨナ選手は凄過ぎる。

あのスピード感、シャープな動き、技のキレ、表現力、素人の俺の目から見てもブッチギリにダントツだ。(かなりクドイ言い回し。)

演技後の浅田真央さんが自分の演技に納得の表情だった事からも、彼女に落ち度が無かったのは容易に理解できる。

その浅田真央さんに6点近い差をつけるなんて…

テレビの前の俺には『007』のテーマで踊るキム・ヨナ選手が、過去にボンドガール選ばれたどんなゴージャスな女優よりも華麗に見えた。

ヤッベェ~、ファンになりそうだよ。(全く俺のタイプじゃないけど、4年前の荒川静香さんの時もそうだったなぁ。)

今回の女子フィギュア・スケートは前評判とは全然違って、蓋を開けたら一人だけ別格だったね。

けして浅田真央さんが劣っているとかじゃなく、キム・ヨナ選手が今回特別だっただけなのかも。

久しぶりに良いモン見せてもらいました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年2月21日 (日)

映画『キャタピラー』をぜひ見たい!

さっき見たテレビのニュースで、映画『キャタピラー』で主演した寺島しのぶさんがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したとか。

それよりも俺の興味はこの映画の原作が江戸川乱歩の『芋虫』だって事だ。

以前に映画『乱歩地獄』でもこの芋虫を映像化して楽しませてくれた。

しかし、原作とはかけ離れたストーリー展開でちょっとガッカリした感もある。

今回の『キャタピラー』はかなり原作に近そうなみたいだから江戸川乱歩ファンの俺には堪りませんねぇ。

寺島しのぶさんを始めとして俳優陣のおどろおどろしいリアリティ溢れる演技を期待しています。

う~、ドキドキしてきたぁぁぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然石を利用しよう。

前回の記事で、名無し(基本的に名無しコメントは削除がこのブログのルール。)が「回生ブレーキの意味を履き違えてる?」って言ってるのだが、とても良い質問なので答えてみる。

慣性エネルギーをモーター(この場合、発電機。)に繋げる事が回転運動に変換している、つまり遠心力が発生して減速するって分からないのかな。

気になって回生ブレーキを説明するサイトを調べてみると、その仕組みは説明しているが、なぜ減速するかは詳しく書いていない事が多い。

分かり易く手短なところで説明しよう。

自転車でライトを点灯する為に発電機をタイヤに触れさせた瞬間に抵抗感を感じる。

ぐるぐる巻かれたコイルの銅線が回る時に意外と遠心力が発生するからだ。

直接手でゆっくり発電機をまわしてごらん。

余裕で回るだろ。これが高回転で回すとなると物凄いエネルギーがいる。

これで理解できるでしょうか。(今はLEDの電池式自転車ライトが主流みたいだから自ら体験する機会がないのかな?)

でも不親切な回生ブレーキの解説が多い事にびっくりしました。

ブレーキなんだから減速の原理も触れて欲しいものだ。

アルバイト先のドカチン工事で大量の土砂を廃棄している。

その土砂の中に河川敷の自然石がいっぱい入っていた。

「うん、これは使える。」

早速、現場監督にお願いして貰える事に。

自宅の庭に使ってみようと思う。

地面に埋めて芝と駐車場の境界線にしたり、勝手口の踏み石にしたり。(さすがに玄関には気が引ける。)

利用価値がアイデア次第。

考えてみるととってもラッキー。

自然石がタダで手に入る機会は少ないし、大量に許可なく採取するのは違法だしね。

捨てる神あれば拾う俺あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

ちょっとした変化

久しぶりのブログ更新。

俺の身代わりになって散ったWAVE110i。(必ず復活させる。)

それ以来、半年ぶりにモト・チャンプを買ってみた。

そしたら意外に事が判明。

以前に、ジュン・インターナショナルのアイデア商品『ジェット・ファンネル』を見て、

「これならもっと簡単に同様の効果を生み出せるハズ。」とケイヒンの六角メインジェットを加工してガソリンの吸入効率を上げてやった。(このブログで紹介してます。)

そしたらジュン・インターナショナルから外観は全く同一のモノがモト・チャンプの広告に載っていました。

ネットで公開しているアイデアなので何とも思わないのですが、むしろパクリのパクリなのが嬉しいです。

俺の考えは間違っていなかった証明ですね。

トヨタの回生ブレーキが問題になっているが、本来の回生ブレーキは滑り易い路面で最高のポテンシャルを発揮するモノなのだが…。

回生ブレーキを使用する乗り物の代表格が列車だ。

鋼鉄のレールに鋼鉄の車輪。おまけに雨や雪の中でもしっかり利かなくてはいけない。

慣性エネルギーを遠心力に変換して減速する装置は使い方によってはベテラン・トラック運転手の様にフットブレーキ要らずの楽々走行も可能だと思う。

「エコ重視で燃費や乗り味を気にするあまり、回生ブレーキの良さを殺したのでは?」

しっかり利く回生ブレーキは凍結路で相当面白いだろうね。

数日前に女王(嫁)が、

「あなたとゲームをして、あなたの勝った時の顔が最高に憎たらしい。」と言われた。

そしたら俺が、

「この笑顔を手に入れるのに10年掛かった。」と言ってやった。

当然、女王は激怒。

「ちょっとやりすぎたなぁ。」と反省しこれからは人を褒める努力をする事にした。

慣れない事をするから違和感を感じながらも相手の笑顔が素敵に見える。

凄い進歩だ俺!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

冬将軍

2月に入ると本格的な寒波がやってきた。

今日も朝から視界不良のブリザードだ。

俺はバイクやクルマで吹雪の中を走るのが大好きだ。

「俺の腕がこの吹雪に通用するのか?」

ドキドキ、ワクワクしちゃうよ。

日産ティーダ・ラティオは発進時だけ補助的に電動四駆が利くのだが、それでも元々FF車だから慣れると結構使えるよ。

まぁ、ステップワゴンほど無理は利かないが走り屋気取りの改造四駆よりもよっぽど素直で速いね。

冬道は腕と車両の総合力で決まるからなぁ。

数日前からハイポニカ栽培(水栽培)のミニトマトが萎れてきた。

既に水温はヒーターで19℃前後まで保温しているがそれでも足りなかったらしい。

Photo_3 慌てて不織布でカバーした。

しかし、夜にはそれでも足りないだろうからトイザラスのビニール袋で更にカバーした。

Photo_4

本当なら白熱灯で加熱するのが良いのだろうが電気代が心配。

電球型蛍光灯は消費電力も低いがその分発熱量も低いから暖房効果は期待できないからなぁ。

何とか冬越しを成功させたいと思うのだがこれだけは何とも言えない。

暖房の効いた室内で栽培できればいいのだが、うちの女王(嫁)が許さないので玄関で大事に育ててますよ・・・。

死ぬな!! 俺のミニトマト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »