« ホンダとオートマバイク | トップページ | 休日 »

2010年3月30日 (火)

日本のエコロジー

たらしさん、コメント有難う御座います。

仕事が書き入れ時でブログ更新もままなりません。

ちなみにきりたんぽは食べ易い長さに切るのが普通です。斜め切りが基本っぽいですね。

最近ではウインナーみたいに最初から短いきりたんぽが数珠繋ぎになっている製品もありますよ。(俺の母親が「私の友人が考えて特許を取ったんだと。」と教えてくれました。)

日本は環境大国に思えますが世界的には実績で№1は一つもありません。技術はあるみたいですが他国にエコ製品の数で圧倒されているのが実情です。

エコを新しい儲け口にしようとする日本企業は多いが、現実世界で実際に役に立っているのは何社あるか疑問だね。

ミツビシの電気自動車は販売価格より搭載している電池の方がはるかに高いとか。(車両価格460万円。車体は軽自動車クラス。)

そういえば発電システムにしたって蒸気機関の時代からあんまり変わってない。

火を焚いて蒸気で動力を作り発電機を回す。

エネルギー効率で60パーセントのロスがあるとか。火力発電や原子力発電も同じ。

燃料電池は20パーセントで済むらしい。

多くが熱エネルギーに変換されるから上手く電気に変えるのが難しい。

熱をいきなり電気に変える熱電池があれば良いなぁ。

ストーブとかの上に熱電池を置いて発電出来たらエネルギー問題はすぐに解決だ。

いろんな熱を電気に直接変えるシステムがあればノーベル賞もの。

誰か作ってくれ!

昔、ガスタービンというエンジンがあった。

燃料はケロシン。そう灯油だ。

ジェットエンジンの応用で安い燃料で高出力。排気ガスも比較的に環境に良かったらしい。(未確認。)

しかし実用化はしなかった。

開発した自動車メーカーが発売できなかった理由。

灯油で走るクルマは脱税マシンになるから。

似たような話だが、この不景気でディーゼルエンジンに灯油を給油して使う輩が増えている。

ちなみに過去のディーゼルエンジンに灯油を給油する場合は、マシン油などを混合して軽油並みに粘度を増やして燃料噴射ポンプの仕様に合わせてやらないと壊れてしまったそうだ。

今のエンジンは大丈夫らしいね。(土建屋さんがリースの重機に灯油を入れるのが経費削減の第一歩?)

「ディーゼルエンジンの発電機や重機は公道を走る訳ではないのだから免税してくれ。」

俺は秋田県庁にそう訴えた事があった。今から13年前の事だ。

そしたら偉そうな県庁職員は言った。

「法律で職業によって免税はできますが、該当する職業の方以外はダメです。」

ゴルフ場や農業、堆肥を作る会社だけがOKなんて・・・。

これは法律がおかしいね。

そう思わないか?

環境にやさしく、(でも世界的にはそうでもない。)人に厳しい。

あくまで利益優先。それが日本なのだ。

|

« ホンダとオートマバイク | トップページ | 休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/34008825

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のエコロジー:

« ホンダとオートマバイク | トップページ | 休日 »