« 告知 木下真輔選手再登場! | トップページ | 音楽芸人『こまつ』のライブ »

2010年5月28日 (金)

スーパーカブ110・WAVE110iのポート研磨を考える。

桜華さん、コメント有難う御座います。

タラノメは発芽した直後に畑を消毒しないと立ち枯れ病で枯れてしまうおそれがあります。只今、農協に薬剤を注文中です。WAVE110i復活の方は難題が山積みでトホホですよ。(当分先の話です。)

ある日、WAVE110iエンジンのポート形状がどうなってるか気になった。

エンジンはとっくに大破した車体から降ろしてあるので、「どれどれ。」と吸気ポートと排気ポートを覗いてみる。

基本的にスーパーカブ110とWAVE110iのエンジンは同一でエアクリーナーとマフラーが違う。

他には二次減速比も違うので燃料調整するコンピューターのプログラムが変更されている程度。

では吸気ポートを覗いてみよう。

Photo

インジェクションのおかげでほぼストレートなポート形状になっている。

俺が見るかぎり理想的な形状で手直しの必要は全くない。

吸気バルブは丸見え状態。

しかもポートのクビレはどのエンジン回転数でも混合気の流速を落さない。

あと、ポートのカーブに混合気がぶつかって流速が落ちない様に、カーブの外側に向って混合気を振ってやる構造。

イジるとしても出来る事といえば梨地のポート表面を耐水ペーパーで均すくらいかな。

100点満点だね。

お次は排気ポート。

Photo_2

ポート拡大の余地がある。

まだエキパイのガスケットが付いたままの状態だから良く分かるだろう。

ポートの口径を絞ってあるのは燃費とパワーのバランスが考慮されているからだろう。

これをガスケットの大きさに合わせて、燃焼室側から徐々に拡げる様に削ってやれば排気効率はかなり向上すると思う。

ヘタに抜けのいいマフラーに交換するよりもここをイジッた方がトルクが上がって走りに余裕が出るかもよ。(経験上の発言。)

無論、マフラー交換とセットで排気ポート拡大を行えば大化けするハズ。(これも経験上。)

見た感想を言わせてもらうと、

「相変われず凄く出来が良いなこのエンジンは・・・」

この一言に尽きます。

|

« 告知 木下真輔選手再登場! | トップページ | 音楽芸人『こまつ』のライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/34919716

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーカブ110・WAVE110iのポート研磨を考える。:

« 告知 木下真輔選手再登場! | トップページ | 音楽芸人『こまつ』のライブ »