« 意外な事実 | トップページ | プロの事故に理由はあるか? »

2010年6月24日 (木)

バッフル

女王(嫁)は言った。

「WAVE(110i)を直すんだったらマフラーは静かなのにしてよね。」

とりあえず「うん。」と返事する俺。

マフラーは新品を買うよりも有る物で作った方が安く済みそうだし、チューンナップ出来そうなので一本製作する予定だ。

前にもブログに書いたがエキパイはカブ50用水本レーシングマフラー。

エキパイの取り付け角度が若干違うので切った貼ったの加工も必要。

それにサイレンサーはKTMのLC4-600EXC用。

マフラー・エンドが開放型のモトクロス用オープンエンドになっている。

消音の為にエンデューロ用のバッフル付きに交換しようと思っていたら、以前にバッフルを削ってオープンエンド化されていた。(そういえばそうでした。)

しょうがないのでそこら辺に転がっていた原付マフラーのバッフルを下手くそな溶接で取り付ける事にした。(仕事でトラクター・ロータリーの修理ついでに。)

相変わらずのミミズが這いつくばった様な溶接痕が泣かせる。

穴を開けたり、溶接棒が突き抜けたりしながら失敗した所に補修を重ね何とか完成。

あとで耐熱塗料を吹き付ければ見栄えも少しは良くなると思う。

わざわざマフラーエンドから覗かなければケロイド状態の補修痕も見えないからね。

5倍も排気量が違う車種から流用したサイレンサーだけにかなりの消音効果が見込めるが、さらにバッフルを装着すれば完璧でしょう。

マフラーの容量も通常の2倍ちかくあるだろうから、理想のマフラー『静かなのにトルクフルでハイパワー』が期待できそうだ。

まっ、作って付けてみない事には分かんないけどね。

|

« 意外な事実 | トップページ | プロの事故に理由はあるか? »

コメント

こんばんは。


昨日、尊敬していたベテラン・テストドライバーの1人がドイツで亡くなったそうです。

旧ニュルブルクリンクコースでのタイムアタック中に亡くなられたのかと思っていたら、何と!コース近くの公道を走行中(狭い道。相手はBMWのテストカーと正面衝突)だそうです。


アルテッツァが発売された時に私は本で成瀬さんの存在を知った。トヨタテストドライバーのトップガンだった人だよ。いくら凄いマシンだって、運転するのは人間。それを仕上げるのは最終的には人間の感覚。トヨタの社長からも絶大な信頼を受けてる人だったそうです。どんな過酷な条件でもハイスピードで滑ってもクルマを運転中に死ぬわけがない。と思っていた。

アクセルが戻らなかったのか?タイヤのバーストか?足まわりの部品が壊れてスピンしたのか?BMWが飛び出して来たのか?はたまたLFAをつぶしたい奴が居てゴルゴを雇い事故に見せかけてカーブ手前でタイヤを狙撃したとか?


真相は今後、日毎に事故調査が進み、事故原因の真相が解明されてゆくでしょう。


俺もラリー車で今だに、たまに夜中にかっ飛ばすけど、ヘルメット被ってロールバーが入って五点ベルトしていたってハイスピードで正面衝突だったら完全にアウトだもんね。。


公道って本当に恐いよね。

ピーキーさんは、マシンコントロールが上手だから、改造でエンジンは壊しても、走行中に事故るような事は今後無いと想う。
でも、バイクが直ったら公道で死ぬような走り方は絶対に謹んで下さいね。
ピーキーさんは、良い奴だから、もしも万が一な事があったら俺は悲しいよ。。

投稿: 麻生一郎 | 2010年6月25日 (金) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/35475044

この記事へのトラックバック一覧です: バッフル:

« 意外な事実 | トップページ | プロの事故に理由はあるか? »