« 復活の時に欲しいパーツ | トップページ | まさに正論 »

2010年7月13日 (火)

ワンピースの声優逮捕について

昨日、ネットのニュースで人気アニメ『ワンピース』の声優が自身のブログに性器丸出しの画像をアップして逮捕される記事があった。

すかさず「どれどれ。」とその画像を検索。

「おぉ、これこれ。」

一目でこの声優がなんでこんな事をしたか把握できる。(見る人が見れば。)

この人はよっぽど刺青が大好きなんだねぇ。

刺青には一応ルールというか、原則があってその筋の方々(ヤクザ)は上半身の彫る面積は半袖・七分袖になる。

元々所属している団体(組)がテキヤ系か博徒系かで入れられるところが決まっているのだ。

テキヤ系の団体は半袖。博徒系の団体は七分袖の位置までしか彫れない。

おまけにその筋の方々が刺青を入れる際にはジンクスがあって、乳首付近まで掘るのは縁起が悪いらしく、ましてや乳首に墨を入れる事はまず無いらしい。

では逮捕された声優の刺青はどうかというと、

上半身は手首まで入れれていて乳首までビッシリ掘られている。

俺が検索した画像ではモザイクがかかって性器近くの部分は分からないが、もしかしたら性器にも墨が入っているかもね。(この声優のブログでは勿論丸出し状態。)

この人にとっては服から露出する部分には入れないのがクール(シブい)なのだろう。

完全な刺青愛好家による自慢の作品。

おそらくかなりの時間と相当な費用を掛けて彫らせたモノだ。

何本かの針の一つのまとめた道具で皮下組織にしっかり到達するまで刺し、一本数万円場合によってはそれ以上の高級な墨を入れる。

これほどの作品を作り出すマニアなら刺青を彫る彫師から入れる墨は当然の事、デザインやその意味まで相当のこだわりがあったに違いない。

世界中の刺青愛好家達が見れば、ただでさえファンタスティックな日本の刺青がここまで徹底されていたら感動もんですよ。

冷静に考えてみればこの事件には全然悪意はない。

何年も痛みに耐えながら高いお金を出しやっと完成させた自慢の刺青。

完成直後は達成感で物凄く興奮したのだろう。

「全身の隅々まで彫られた刺青を全世界の俺ファン&刺青愛好家に余すところ無く紹介したい。」

これが本音だと思う。

今朝の朝刊によると、この声優は新宿2丁目で刺青男性がふんどし姿で接客するバーを経営してるとか。

やはり刺青が好きで好きでたまらない人なんだよ。

俺がバイクが好きで好きでたまらないのと何ら変わりはない。

今回の逮捕は身から出た錆とはいえ、ちょっとアウトローな人達からすればかなり同情できる。

俺はこの声優の書類送検が決まって罰金を払った後、元の仕事場に復帰できるかが心配だよ。

世界中のワンピースファンへ一言。

ワンピースにもこの声優みたいなキャラクターがいっぱい登場してくるじゃないか、温かい目で見守ってて下さい。

趣味の刺青はファッションです。いや、コスプレかも。

(※故意に刺青を見せて他人を脅す輩を除いては。)

|

« 復活の時に欲しいパーツ | トップページ | まさに正論 »

コメント

要するに幼稚か否かの問題。「オレサマは一匹オオカミ。ダレにもナニも言わせないゼ!」奢り以外の何ものでもない。天涯孤独の「お一人サマ」で無い限り下らぬ行動はなんとかして欲しいもの。ネットは個人の箱庭ではありません。タトゥー愛好者バーだけで遊んでいれば良かったものを。幼児性と幼稚は似て非なるもの。ちょいと前に北杜夫が面白くて洒脱なエッセイを書いている。ピーキーくん。シンパシィを感じている場合ではないのでは?随分設備投資をした模様。仕事は順調かな?

投稿: | 2010年7月14日 (水) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/35734601

この記事へのトラックバック一覧です: ワンピースの声優逮捕について:

« 復活の時に欲しいパーツ | トップページ | まさに正論 »