« プライベート・アスファルト | トップページ | 吸気ポートに小細工 »

2010年7月 8日 (木)

リアタイヤのワイド化

麻生一郎さん、コメント有難う御座います。

お金持ちなんてとんでもありません。

先代が私腹を肥やして設備投資を一切せず、機械や建物は老朽化。会社にはお金を残さずに二束三文の土地だけがあちらこちらに残されている次第です。

おかげで会社や家計は修理や補修工事などで費用がかさんで火の車ですよ。

今回の舗装工事は仕事上どうしても必要なので苦しい台所から搾り出したものです。

自宅も無駄に広い宅地にポツンと小さな家が建っていて、外見だけは良いモノを使っていますけど。(ローンがバリバリ)

あ~、金が欲しい!

カブで雪道走行にハマッて早4年。

WAVE110iの修理をしながらついでにチューンナップもしちゃう。

一昨年の冬はリアタイヤ(スパイクタイヤ)のグリップを向上させる為に強化チューブにビートストッパーを装着し、空気圧を1キロ前後に落してトレッド部の接地面積を増やして走っていた。

走りは上々。調子にのってエンジンを壊したけどね。

しかし、原付のパワーではタイヤの変形によるパワーロスがバカにならない。

そこでリアホイールのリムサイズをワイドにしてタイヤの扁平率を高くして接地面積を増やす事にした。

問題はリム。

WAVEの鉄リムはスポークが従来のカブよりも太く、ニップルも大きい。

したがってリムのニップル穴は今までのカブ用リムが5ミリ穴に対し6ミリ穴。

一般に売られてる商品では適応するモノがなく、最悪特注するしない。

なんとかWAVEに使えるワイドなリムが安く手に入らないだろうか。

色々調査した結果、ヤマハRZ50のリムがどうも合うらしい事が分かった。(この段階ではまだ確定していない。)

そこで実際にネットオークションで購入し、現物を合わせてみる。(全額3500円で購入。)

その結果、

Photo

見事に合致しました。

Photo_2

リムサイズはJ17-1.40からJ17-1.60にアップ。

Photo_3

タイヤを入れてみると2分山で四角くなったタイヤがさらに四角くなりました。

装着しているタイヤは2.50-17で、このタイヤの適正リムサイズはJ17-1.60なのでただ正常に戻っただけとも言える。

スパイクタイヤは最初から四角いタイヤだからもっと四角が強調されるだろう。

これならタイヤ空気圧は標準値のままで雪路面のトラクションを確保できそうだ。

但し、上手に走らせるにはテクニックがいるけどね。

おそらくスーパーカブ110にも応用できると思う。 

スポークニップルの太さが6ミリだったら使えるよ。(要確認)

新品購入する人の為に部品番号も書いておく。

ヤマハRZ50のリアホイール鉄リム、94416-17002(1.60-17)

注文の際はこの部品番号で良いかヤマハのホームページで確認するように。

このホイールなら80/90-17なんてサイズのロードタイヤが組めるからカスタムにもピッタリだ。

今度の冬こそ念願の『雪道オーバー時速120キロ』が出来たらいいなぁ。

|

« プライベート・アスファルト | トップページ | 吸気ポートに小細工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/35684939

この記事へのトラックバック一覧です: リアタイヤのワイド化:

« プライベート・アスファルト | トップページ | 吸気ポートに小細工 »