« 複雑な今日 | トップページ | 今日から修理開始 »

2010年7月18日 (日)

最後に弄る場所

いつもお世話になっているバイク屋から、

「予定よりも注文していたパーツがかなり早く届きました。」

と連絡をもらった。

やった!フレーム&スイングアームが来た。

これでWAVE110iを形にできる。

昨日のリアサスに続いてドンドン必要な物が揃った。

Photo

昨日届いたWAVE125用強化リアサスペンションは純正部品とは別物だという事が分かった。

長さがWAVE110iのモノよりも2センチ長い。(純正は210ミリ?)

スプリングの巻き数が5巻き多い。(しなやかに動きそう。)

ダンパー部が細い。(スプリングとの兼ね合いだろう。)

かなりイケそうな予感。(ケツ上げの必要もなくなるし。)

「バイクはどんなに良い部品を組んでもライダーに近づける仕様にしないとダメだ。」

が俺の持論。

その為にエンジン特性は当然の事、ライダーとの接点であるハンドル、ハンドルレバー、シート、ペダル、ステップに俺は拘る。

ハンドルはノーマルが気に入っている。

ハンドルレバーは俺が開発した改造法で手直し。

シートは網目の夏用暑さ対策用シートカバーを装着して、シートからのトラクション荷重を掛け易くした。

シフトペダルやブレーキペダルに不満はない。

最後はステップ。

このステップも俺オリジナルのモノに交換だ。

実はこのオリジナル・ステップは俺が実用新案を取得したステップなのだが、

バイクの動きを理解して操作できる人(ステップワークのできる人)でないと宝の持ち腐れ。

それなりにやっている人なら、

「こりゃぁ良い。操作が楽だ。」と思うハズだ。

このステップを自分で製作する為にヤフオクでカブ・モンキー用ステップの中から材料になる商品を探す。

沢山数ある商品の中で使えそうな(マトモな)商品は一つだけだった。

Photo_2

それがこれ。

何が良いかというと、ステップの端から端まで滑り止めの加工がされているからだ。

外足の荷重は足の親指の付け根(もしくは付け根付近)でしなくてはならないのに、肝心のステップはツルツルでは勝負にならない。

差し替え式ステップではこの商品たった一つだけがそれを理解して作ってある。

他の商品はカッコ重視のモノばかりだ。

いずれこのステップを購入して、設計図とステップをもって知り合いの機械屋に改造してもらうよ。(俺はアルミ溶接ができない。)

これが完成すれば雨が降ろうが雪が降ろうがステップから足を離さずに運転できるのだ。

スキーみたいにね。(意味深)

このステップが俺の最終兵器。

|

« 複雑な今日 | トップページ | 今日から修理開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/35792680

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に弄る場所:

« 複雑な今日 | トップページ | 今日から修理開始 »