« トランスフォォォォォーム! | トップページ | ちょっと昨日の続きと8月27日の修理(昨日) »

2010年8月27日 (金)

フォースを操れ

今日は今まで内緒にしていた事を書きます。

何故そんな大事な事を書こうかと思ったか?(この前、大事な事は内緒宣言したばかりなのに。)

それはこのブログを見てる人の中で理解できる人は一人いるかいないかと思うから。

俺は、(あくまで運転という観点で)ライディングやドライビングって乗り物が動く際に働くフォース(この場合は超能力とかではなく、見えない力という意味。)を感じてコントロールする行為だと考えている。

分かり易く簡単に説明するとこうだ、

例えばクルマにあなたが乗って運転するとしよう。

発進して長い直線を走っていたら目の前にカーブが見えてきた。

当然、アクセルを戻しブレーキを踏む。

これは駆動輪に駆動力が掛かるのを中止して見えない直進力をキャンセルする為。

そしてブレーキングはまだ真っ直ぐ進もうとする慣性を弱くする為に行う。

直進力とはクルマが真っ直ぐ進み続け様と働く力で、ハンドルが真っ直ぐの状態で駆動力が掛かっている時にだけ働く。

その証拠に車線変更の際にアクセルを抜いて(戻して)ハンドルを切った時と、アクセルを踏んだままハンドルを切った時とでは、アクセルを抜いてハンドルを切った時の方がスムーズに速く車線を変えられる。

よく高速道で長いトレーラーが素早く車線変更する時に使うテクだ。

コーナーに進入に合わせてハンドルを切る。

これでクルマは自分の進むべき方向が決まる。

その直後にアクセルオン!

進むべき方向を示された車体に駆動力が掛かる。

すると、その駆動力は旋回力へと変わり車体を強く曲げようとするのだ。

こう書くと、「そんなの当たり前だろ!」っと言う輩もいるだろう。

しかし、俺が書いた通りに実際にやっている人は非常に少ないハズ。

その証拠にスピードを上げてコーナーへ進入するといきなりタイヤが鳴き出すでしょ?

それは直進力をしっかりキャンセルしてないか、クルマの進むべき方向が決まる前にアクセルを踏んで駆動力を掛けているからだ。

要するにクルマは曲がれるのに運転者が邪魔している。

もう一つ言うと、プロドライバーの最高峰・F1カーレースを見ていれば分かるが、あれだけ速く走っているのにほとんどタイヤが鳴いていない。

それはとんでもなくタイヤのグリップが高いせいではない。

フォースをうまくコントロールしてコーナーを曲がるだけでなく、コーナーそのものをその先の直線へと加速するカタパルトにしているからだ。

他にはこんなのがある。

あなたがバイクに乗ったとしよう。

信号待ちで交差点の停止線に停まっている。

信号が赤から青に変わった。

あなたはアクセルを開けてクラッチミートさせる。

すると、バイクの後輪が停止状態から加速しようとする際にアンチスクワットという見えない力がリア・サスペンションを伸ばそうとする。

知らない内にそのアンチスクワットを感じたあなたは、アンチスクワットに対抗して上体を寝かせ自然に骨盤を少し立たせるのだ。(つまり前傾姿勢になるって事。)

そしてあなたはバイクをスムーズに発進させる。

これがドラックレースの様な加速競争なら、意識的に骨盤を立て背骨を真っ直ぐにして上半身に掛かる加速Gを骨盤を通してリアタイヤへ伝え、リアタイヤがしっかり路面を掴んでトラクション(駆動力)へつなげようとするところ。(だからドラック・レーサー達はスタート時には上体が起きている。)

俺達が知らず知らずの内にクルマやバイクを運転する際には色んなフォースが働いている。

このフォースを初めて一般の人に紹介したのが元モトクロス世界チャンピオン渡辺明さんだ。

初めは俺も「なんのこっちゃ!」と理解に苦しんだ。

やっと理解できたのがつい先日。(理解できるまでの期間、約20年。)

それも極、極一部のみ。

まだまだ分からない事ばかりです。

俺たちドライバー&ライダーはその色んなフォースを感じ、理解して操らなくてはならない。

もし、これを完全にマスターした時、

あなたの横を並んで走れる人は誰一人としていないでしょう。

そうなった者を人々は『スピードキング』と呼ぶ。(by.ディープ・パープル)

それではまた。

|

« トランスフォォォォォーム! | トップページ | ちょっと昨日の続きと8月27日の修理(昨日) »

コメント

ども久しぶりです。
なんだスターウォーズの話かと思ったよ。
Gフォース?タイヤのことかな?よく気づきましたね☆それが分からないとクルマで砂利道を信じられないスピードで走ることは絶対に出来ません。それからレーシングカーや、スリックでもタイヤは鳴きますよ。その代わりグリップの限界がものすごく高い。その限界ギリギリを感じとって勝負する連中達も凄いですよね。俺思うんだけど、今の技術を持ってすればF1マシンに超高性能な車載カメラを積んだ無人マシン(実寸ラジコン)を完璧に制作したら、コースレコードがバンバンと出せるんじゃないかって思ったのさ。エンジンレイアウトとか、運転席が無いので自由に使えるし、ラジコンだからクラッシュの恐怖も無い。
そんな夢のラジコンマシンと、人間が操るマシンでバトルしたら面白いだろうなって☆(バイオレンス映画ありそうなストーリーだね?)でも、将棋の話じで、たぶん人間の繊細な感性には、絶対に機械はかなわないんだろうなぁ(-.-;)y-~~~ (あ、麻生一郎は禁煙者ね)

投稿: 麻生一郎 | 2010年8月27日 (金) 22時14分

誤り→将棋の話じで
正解→将棋の話(コンピューターvs人間)と同じで

投稿: 麻生一郎 | 2010年8月27日 (金) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/36386538

この記事へのトラックバック一覧です: フォースを操れ:

« トランスフォォォォォーム! | トップページ | ちょっと昨日の続きと8月27日の修理(昨日) »