« 妥協点 | トップページ | サザエさんで泣けた »

2010年10月25日 (月)

一年ぶりの全開走行

仕事の合間にウェーブを給油しにガソリンスタンドへ行った。

まだホイールのリム振れは直してないが、気にしないで全開走行してみる。

3速で100キロオーバー、エンジンが吹け切る前にシフトアップ。

前傾姿勢でメーター読み110キロ。

「あら?スピードが伸びないや。」

ガソリンスタンドで給油してから再度全開。

「あっ、そうか。」

久しぶりなんで左手ブースト(ウェーブの裏技テクニック、手動式ラムエア・システム)を忘れてた。

元々、ラムエアによる馬力アップを当てにした二次減速比にしているから、左手ブーストがないとギアが余っちゃうんだよね。

左手で左側にある通気の抜け穴を塞ぐ。(右側はメクラ蓋してある。)

排気ポートの拡大と抜けの良いマフラーで効いてスンナリ120キロオーバー。

エンジンの軽い吹け上がりとシルキーな振動でとても好印象な感じを受けた。

今後に走行を重ねてPGM-FIが学習していけばまだまだ良くなりそうだ。(今は排気の抜けが良くなったせいか低速時のトルク感が希薄。)

これでボアアップした日にはどうなるんだろう?

それは来年に取っとくかな。

ちなみに、マフラーのインナーパイプをカットして五月蝿くなったと思っていたら、それはあくまで屋内の話で屋外だと静かな事が分かってホッとする俺。

これで女王改め・お嫁ちゃん(そう呼びなさいと指導されました。)に怒られずに済みそうです。

めでたし、めでたし。

|

« 妥協点 | トップページ | サザエさんで泣けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/37377614

この記事へのトラックバック一覧です: 一年ぶりの全開走行:

« 妥協点 | トップページ | サザエさんで泣けた »