« バカになる?PGM-FI | トップページ | ここ数日に感じた事 »

2010年10月30日 (土)

肩慣らし

ZEPさん、コメント有難う御座います。

大変参考になりました。

これをヒントにお金の掛からない簡単な方法を考えています。

これからもアドバイス宜しくお願いします。

一年ぶりにバイクに乗るので昔みたいに走れるか不安です。

そこで昨日、かなり強引な肩慣らしをしてみました。

仕事の合間に・・・

まずは地元の寒風山走りにいきました。

寒風山の法面をダート・ヒルクライムします。

スパイクタイヤでおまけにワイド化してるからタイヤのグリップが高過ぎて1速でやっと登りました。(軽くスリップする位がエンジンが元気に回って丁度良い。)

しかし、坂の途中で失速気味になった時にギアが2速のつもりでシフトダウンしたら実は1速でニュートラルに入り転等。

最初はこんなもんでしょう。

下って引き返そうかとも思いましたが若い頃モトクロスで鍛えたテクニックが役に立ち、何とか登りきる事ができました。

登頂後、寒風山の峠を走ってみてウェーブの現状を把握する。

PGM-FIがバッテリーを外した事で学習したプログラムがリセットされたのでパワー感がイマイチ。

スパイクタイヤのタイヤ抵抗も相当あるのでギア比がロング気味に感じる。

冬本番ではドライブ・スプロケットを1T下げる事も考えておこう。

コーナーの多い男鹿旧道を通り、真山神社から林道に入る。

砂利道に入ると緊張が解けた。

だって俺は砂利道が大好き男。

「う~ん、ギャップでフロントタイヤがフェンダーに軽く擦るなぁ。」

2.25-17サイズのスパイクタイヤはノーマル60/100-17よりもタイヤ外径が大きい様だ。

フロント・サスの強化も視野に入れよう。

Photo

砂利と舗装が交互に現れるモータードコースみたいな林道を攻める。

対抗車に気をつけて走ってるとパジェロが向こうから来た。

道の脇に停車したパジェロにお辞儀をして横を通過。

だんだん忘れていた感覚を身体が取り戻してゆくのが分かる。

Photo_2

無事、林道を通り抜ける事ができました。

さぁ、仕事しなきゃ。

急いで仕事場に帰る。

ちょっと無茶な肩慣らしのおかげで調子が戻ってきた様です。

ウェーブもPGMの学習で調子が出てきた。

Photo_3

土取り場で作業開始。

仕事をしながらウェーブを見て、「やっぱりウェーブは良いなぁ。」とニヤニヤしてたよ。

それから仕事の合間(合間ばっかりで本当に仕事しているのか?)にケツ上げして傾きが大きくなったサイドスタンドに台座を作ってやる。

工場に落ちていた角材を切って、腐食防止にバーナーで表面を炭化させた。

完成後、サイドスタンドの下に敷くと良い感じに落ち着く。

Photo_4

以前ならサイドスタンドを延長加工するのだが、今回はこれで良いやと思ってます。

めでたし、めでたし。

|

« バカになる?PGM-FI | トップページ | ここ数日に感じた事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/37453993

この記事へのトラックバック一覧です: 肩慣らし:

« バカになる?PGM-FI | トップページ | ここ数日に感じた事 »