« WAVE110iのブレーキパッド | トップページ | 大相撲の人々 »

2010年11月10日 (水)

バッテリー管理

波110iさん、コメント有難う御座います。

お役に立てたでしょうか。

ウェーブはまだまだ分からない事だらけですが、頑張って研究していきたいです。


昨年の事故でウェーブ110iを廃車にして、一年掛けて復活。

以前よりもチューンナップされていますが、バッテリーだけはパワーダウンしています。

何故なら以前はバッテリーを並列に二個つなぎ、12ボルトのままで容量を二倍にしていたからです。

事故後、放置している間にバッテリーは放電してしまいダメになりました。

どうやら並列につなげている場合、放置すると一個の時よりも放電するスピードが速くなる感じがします。

やはり、単純にバッテリーは一個で強力な物を使用した方が良い様です。(価格は倍以上するみたいですが…)

バッテリーは常温で使用するのが理想で、温度が高過ぎても低過ぎてバッテリーに負担が掛かります。

バイクメーカーでもバッテリー搭載位置に気を付けていますが、季節や使用状況によってはかなり寿命に影響を与えるので注意したいですね。

コンピューターで制御されるインジェクション・バイクでは、バッテリーが重要に思えるのは俺だけでしょうか?


ちょっと気になった事を書いてみました。

|

« WAVE110iのブレーキパッド | トップページ | 大相撲の人々 »

コメント

古い車とかだと電圧が低いとインジェクターの働きが鈍くなって始動困難や加速不良等起きますし、軽量なバイクなら顕著に現れると思われます
インジェクションとは違いますが、ヤマハ2stのYPVSはバッテリー無いとまともに走りすらしませんでしたし
電子部品にはやはり電気は重要でしょうねぇ

投稿: 桜華 | 2010年11月11日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/37615448

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー管理:

« WAVE110iのブレーキパッド | トップページ | 大相撲の人々 »