« 目からウロコの裏技 | トップページ | リアル クレイジー »

2010年12月 6日 (月)

WAVE110iに自作マフラーを作って分かった事。

タイトル通り、自作マフラーを作って分かった事を幾つか書きます。

エキパイが太いとパワーを出し易いがその分消音しないと公道走行には向かないので、結局チャラになる。(カッコイイけどね。)

おまけにエキパイが細いマフラーの方が燃費と速さを両立させたストリート・マフラーに向いている。(俺は速さと見た目重視。無骨なスタイルが好きなのだ。)

サイレンサー容量と消音は比例しない。

排気音の高音域はサイレンサーのグラスウールの量で決まるが、低音域はサイレンサーの入り口と出口の内径で決まる。

例1、耐久レース用大容量サイレンサーを単純にくっつけたマフラー(バッフルあり)

http://www.youtube.com/watch?v=O4YrWIKtOI4

レスポンス最高!最高速もキッチリ出るけど低中速域スッカスカ。しかも五月蝿い。

例2、モトクロス用サイレンサーに変更してサイレンサー入り口の内径を絞ったマフラー(バッフルなし)

http://www.youtube.com/watch?v=UuloqJDV0s8

トルクフルで乗ってて気持ち良い、魂を躍らせる重低音、ちょっと最高速が落ちる。

例3、上記の仕様に切り詰めたバッフルを装着したマフラー

http://www.youtube.com/watch?v=528HVaHmKIA

静か、(携帯電話で撮影した動画は実際よりもやかましい。)乗り易い、最高速もちゃんと出る。

現在ではサイレンサー内のバッフル・インナーパイプを全て取り除いて(内径はそのまま)ちょっとだけ音量アップさせました。(静か過ぎず五月蝿過ぎない感じで、乗ってて気持ち良いけど疲れない塩梅です。)

JMCA公認マフラーには静かさと燃費で負けますが、速さと面白さでは負けないと思っています。

何より世界に一つって事と(俺の趣味的)カッコ良さでは自慢のマフラーです。

あぁ、自作マフラー面白し。

Photo_2

|

« 目からウロコの裏技 | トップページ | リアル クレイジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/37977526

この記事へのトラックバック一覧です: WAVE110iに自作マフラーを作って分かった事。:

« 目からウロコの裏技 | トップページ | リアル クレイジー »