« 一番最初 | トップページ | あら? »

2010年12月 9日 (木)

やっと時代が俺に追いついてきた。

今日の夕方にいつも通っているバイク屋さんに顔を出した。

ここ数年、バイク雑誌はモト・チャンプしか読まないので、たまには他のも読むかと手にしたのが月刊ビックマシンの2009年10月号。

特集はバイク・ジャーナリスト和歌山利宏さんが推奨する『常脚』(なみあし)というライディング方法だ。

俺はこの記事を読むにつれ笑いがこみ上げてきた。

記事の内容が、俺が13年前に特許庁へ提出した改良型ステップの実用新案申請書類に記載した内容と全く同じだったからだ。

いや、むしろまだ足りない。

でも、やっと俺の言っている事を理解できそうな人が現れたよ。

但し、全部は無理だろうけどね。

俺はこのブログを書き始めた当初から、未だにバイクのステップは不完全な欠陥品だと言い続けている。

その証拠にトップライダーと呼ばれるプロレーサー(ロードレース)でもステップの使い方がマチマチだろ。

ステップ自体がしっかり完成されてないからそんな事が起こるのだ。

俺の考え出したステップは発案当時に『ガルル』ってオフロードバイク雑誌で紹介してもらった。

これには後日談があって、ガルルには試作品のステップを送ってテストしてもらったのだ。

しかし、ステップを上手く使って楽にバイクを走らせる方法を知らないライダーがテストしたんで全く理解できなかったらしい、つまり使いこなせなかった。

しょうがないよね、やっと昨年にバイク雑誌の記事になるくらいだから…。

今では単なる笑い話です。

俺が考え出した改良型ステップはいずれブログで公開するつもりですよ。

お楽しみに。

あぁ、常脚面白し。

|

« 一番最初 | トップページ | あら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/38021145

この記事へのトラックバック一覧です: やっと時代が俺に追いついてきた。:

« 一番最初 | トップページ | あら? »