« エンジン保温 | トップページ | リア・タイヤの低圧化 »

2011年1月20日 (木)

ウェーブの本領を発揮する為に

ウェーブはとっても良いバイクだが、その実力を充分に発揮しているかと聞かれれば「まだまだ。」と言うしかない。

そこで凍結路や厚い雪道、そしてコーナーリングでもっと安全にスムーズに走れる様にリアタイヤを細工しようと思う。

以前、カブ50改に施したと同じくリヤホーイルにビートストッパーとモトクロス用強化チューブを組んで空気圧を1.1~1.2キロまで下げてタイヤの接地面積をもっと増やす事にした。(リム幅は既に拡大してあるで更に接地面積が増える計算だ。)

これで滑り易い場所でもアクセルを今までよりも大きく開けれるハズだ。

また暇な時間を見つけてパッパと弄っちゃおう。

(経験上)ローテクでも効果絶大です。

Wave

だんだん冒険家の風間深志さんが南極探検に使ったバイクみたいになっていく気がする・・・。

|

« エンジン保温 | トップページ | リア・タイヤの低圧化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/38541076

この記事へのトラックバック一覧です: ウェーブの本領を発揮する為に:

« エンジン保温 | トップページ | リア・タイヤの低圧化 »