« リア・タイヤの低圧化 | トップページ | 第2回カブなめんなよミーティング »

2011年1月24日 (月)

効果あり過ぎ

Photo

Photo_2

昨日、ウェーブに組んだビートストッパーなんだけど、やり過ぎちゃった感じ。

全然リアタイヤが滑らない。

凍結路でもの凄いグリップを発揮してガンガン(アクセルを)開けて走れてしまう。

スタートダッシュもガツン!と前に飛び出す。

凄いのは分かったけど、かえって面白味が無くなったなぁ。

その絶対的とも思えるリアタイヤのグリップと引き換えに最高速はまたまた時速5キロほどダウン。

メーター読みで時速100キロしか出なくなったよ。

Photo_3

今回組んだビートストッパーは以前にカブ50改で使っていたホンダ純正品(CR80用)から軽量なダンロップ製に変更した。

強化チューブで重くなった分は取り戻せないけど気分的には良いでしょう。

空気圧は1.1キロにしてリアタイヤの接地面積が縦方向(前後)に拡がった様だ。

おそらく、これによってトレッド部の接地面積が増え、路面に突き刺さるスパイクピンの本数も増えたからハイグリップになったのだろう。

想像以上の効果に雪道走行がちょっとつまらなくなったかも。

それ位凄い効きです。

これで雪道の峠を安全に攻めれそうですね。

|

« リア・タイヤの低圧化 | トップページ | 第2回カブなめんなよミーティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/38595627

この記事へのトラックバック一覧です: 効果あり過ぎ:

« リア・タイヤの低圧化 | トップページ | 第2回カブなめんなよミーティング »