« ウェーブの本領を発揮する為に | トップページ | 効果あり過ぎ »

2011年1月23日 (日)

リア・タイヤの低圧化

アイスバーンでリア・タイヤのグリップを確保する為に、リア・タイヤの空気圧を低圧化(1~1.2キロ)する。

方法は前回の記事で書いた通り、強化チューブとビートストッバーをリア・ホイールに組む。

ついでにチューブをスポークニップルから保護する為のリムバンドは廃止して、モトクロス風にガムテープを代わりに貼る。

ウェーブからリア・ホイールを外し、タイヤとチューブをホイールから外す。

ビートストッバー用の穴をホイールのリムに開け(位置はチューブ・バルブの反対側)、リアホイールのリムにガムテープを巻いて貼ってからチューブ・バルブとビートストッバーの穴を開ける。

その後、ビートストッバー、タイヤ、強化チューブの順に組んでゆく。

作業は色々バタバタあって1時間で終わり。

効果の確認は来週の休日かな。

これで雪道でもドラッグレーサーみたいに全開スタートか可能になる?

|

« ウェーブの本領を発揮する為に | トップページ | 効果あり過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/38579737

この記事へのトラックバック一覧です: リア・タイヤの低圧化:

« ウェーブの本領を発揮する為に | トップページ | 効果あり過ぎ »