« またまたスパークプラグの話 | トップページ | 謎のスパークプラグを注文した。 »

2011年2月 5日 (土)

正体不明のスパークプラグ

MoToDAMMさん、コメント有難う御座います。

最近、スパークプラグの研究に没頭しております。

新しい製品が必ずしも良いとは限りません。

やっぱり使ってみないと分からないもんですね。


夜勤明けにバイク屋へ行ったら正体不明のスパークプラグを発見した。

NGK CR7EKCという品番でΦ10ミリの2極電極。

メーカーのカタログにはこの商品が記載されているが、どんな車両に使用されているかは書いていません。

ネットで調べると普通に流通している製品らしいのですが、ただ2輪車用とだけ紹介されています。

不思議な事に、他のスパークプラグには熱価の違う同じタイプのプラグがラインナップされているのですが、正体不明のスパークプラグはこの1種類だけです。

一体何のスパークプラグなんだろうか?

しかし、値段も手頃だし、(750円)性能も悪くなさそうだ。

何よりもウェーブ純正スパークプラグと電極の突き出し量がほとんど一緒(ウェーブ純正スパークプラグの電極の突き出し量はかなり長い。)、しかも2極プラグなんだから期待できるかもね。

ここ数年に発売されている高性能ロードバイクはNGKの2極プラグを採用したモデルが増えてきている。(KTMのスーパーデュークとか、カワサキは12Rとか。)

イリジウムプラグを越えるウェーブと相性の合うスパークプラグだと良いのだが…。

|

« またまたスパークプラグの話 | トップページ | 謎のスパークプラグを注文した。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/38747638

この記事へのトラックバック一覧です: 正体不明のスパークプラグ:

« またまたスパークプラグの話 | トップページ | 謎のスパークプラグを注文した。 »