« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

エンジン特性決定

フライホイールのバランスをわざと崩し、狙ったエンジン特性を作り出すマル秘テクがある。

そいつで色々試した結果、来シーズンのエンジン特性が決定しました。

今度のエンジン仕様は、

エンジンブレーキを殺したまま、トルクフルでエンジンが粘る仕様です。

まるで排気量が上がったかと錯覚するトルク感、フライホイールが重くなった様に思えるエンジンの粘り、今までとは別物ですよ。

加速は良いし、(最初の出だしがちょっと鈍いが‥)坂道が楽で峠向き。

男鹿半島を走らせたら、さぞかし楽しい事でしょう。

来週あたりグルっと回ろうかな‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

悪魔のチャーハン、地獄のニラキムチ

今日は嫁さんと買い物。

俺の目的は調味料を買う事だ。

俺が作る悪魔のチャーハン(高カロリーなのにやめられない事から嫁さんがこう呼ぶ。)に入れるXO醤、地獄のニラキムチ(美味いんだけど臭くて堪らないからこう呼ばれる。)に入れるコチジャンが必要だからだ。

今回はこれから作る焼き豚(ヤキブタではなくヤキトン、つまり焼き鳥の豚肉バージョン。)を作る為にアメリカ産のバーベキューソース、ヨシダソースも買ったよ。

購入後、さっそく今夜の晩飯は悪魔のチャーハンさ。

大きなフライパンで作ったけど量が全然もの足りなくて、チャーハンをオカズにご飯を食べて腹を満たしたよ。

また体重が増えそうだ。


まさに悪魔のチャーハン!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

エンジン特性の変更

来シーズンの雪道走行に備えて、エンジン特性の変更をしようと思っています。

現在、波改(ウェーブ)のエンジン特性はエンジンブレーキが利かせず、高回転まで スムーズに回る感じになってます。

俺独自のマジック、フライホイールのバランス変更テクです。

波改で実際に雪道をブッ飛ばすと、エンジンブレーキが利いて、クランクが粘る様な感じにした方が面白い気がしました。

以前のフライホイール・バランス変更には、ウェイト代わりに小さなネジを使ってました。

波改にはパテをウェイト代わりにしています。

なので、パテを削り取って新たなパテを別の場所へ付ければ、簡単にフライホイールのバランスを変える事ができます。

他にも、エンジンブレーキ が利いて高回転までスムーズに回る仕様や、エンジンブレーキは利かせずエンジンが粘る感じにもできます。

色々試して雪道に最適なエンジン特性を探していきますよ。


なんてったって俺はアイスバーンの赤い彗星なんだから。

正体は、バンダイ発売のシャーザク・ヘルメットを被って走ってる単なるオッサンですけどね‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本『ねんどの神さま』を買いました。

独身時代に書店で絵本を何気なく見て涙がボロボロこぼれた経験があった。

その本のタイトルだけは今もしっかり憶えている。

『ねんどの神さま』

昨日、昔見たあの本がどうしても気になって、とうとうネットで探して注文したよ。

そして届いた本を手に取って読んでみると、かなり記憶の中の印象とかけ離れていた。

俺の中で長い年月が経過している内に全く別の作品に脚色されていたのだ。

何度も作品を読み直すと記憶の中の作品が少しずつ訂正されていく。

Photo

この本のストーリーを簡単に説明するとこうだ、

戦争で家族を失った少年が学校の授業でねんどの怪物を作る。

少年は、「これは戦争をする悪いヤツをこらしめる神さまだ。」という。

それから50年後、いつしか少年は兵器会社の社長になっていた。

するとあら不思議、ねんどの神さまは巨大化してその社長に会いに行く・・

ラストシーンは「いいのか、これで?」っと思うのだが、妙に心に響いてくる。

実はこの絵本は特撮で映画化されている。

今年の6月にはアメリカでも公開される予定だそうだ。

噂では、映画『クレヨンしんちゃん』シリーズにもこの絵本を元ネタにした作品があるとか。

何れにせよ凄い絵本って訳だね。

子供の頃の正義感とか倫理観とか、大人になれば通用しなくなるのが現実。

世界で唯一の被爆国日本が、まさか放射能で汚染される事になるなんて誰が想像できたろう。

利益が優先される事でこの絵本に描かれている間違いが現実に起きている様な気がしてならない。

なぁーんて、深刻ぶってみました。

現実の俺はいつもながらの能天気で、修理から帰ってきたホイールローダーを眺めてニコニコ。

Photo_2

こいつは俺が中学生の時から乗っている重機で、今でも現役バリバリ。

エンジンオイルに冷却水が混じる様になってので見積もり立ててもらったら、ビックリ万円掛かるそうだ。

でもこれがないと仕事にならないから修理したよ。

ついでにタービンとブレーキマスターも交換さ。

「死ぬまで乗ってやるからな。」

俺が相棒達に対する思いです。

勿論、波改(ウェーブ)にも・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

パーツが来ない!

波改(ウェーブ)の腰上オーバーホールに必要なパーツが、タイからなかなか届かない。

パーツを載っけてくる船便がそろそろ来るらしいが、来たパーツを国内で手直ししてから販売するのか俺の手に届くのは来月になるとの連絡が入った。

波改のエンジンは色々やったおかげで加速は今までで最高、最高速は今一つの状態。

やはり要オーバーホールというのは変わりない。

うーん、待ちきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

シロギス釣り

今朝、シロギス釣りに行ってきました。

市販の仕掛けに青虫をつけてひたすら投げ込み。

気温がまだ低いのか、アタリが全くありません。

ちっちゃなフグが一匹釣れただけです。

まぁ、最初はこんなもんかな。

もっと暑くなってから来る事にします。

でも、波改(ウェーブ)だけは快調ですよ。

本調子とまではいきませんが、スタスタと防波堤も走っていきます。

やっと本来の使われ方になってきました。

最近、妙に楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

個人的企業秘密

昨日書いた記事で、普通なら「大物が釣れた仕掛けはこれです。じゃ~ん!」みたいな仕掛けの紹介になると思うのですが、紹介できない理由があります。

俺が参考にした投げ釣り名人のブログは、現在閉鎖されています。

そのブログで最後の記事に、「迷惑をお掛けした関係者の方々に深くお詫びします。」と書かれていました。

文面から察するに、地元の釣り師達に独特な仕掛け(またはやり方)があって、ブログでそれを紹介した事でクレームがあったのではないかと推測しました。

おそらく、その紹介記事は削除されているでしょう。

俺が真似して釣れた仕掛けはブログを書いた投げ釣り名人オリジナルでしょうが、そんな経緯がありそうなのに俺がぬけぬけとブログで紹介する訳にはいきません。

あくまで魚釣りで楽しむだけにしました。

魚釣りだけでなく、なんの世界にもそんな個人的(もしくは集団的)企業秘密があるんだなぁとしみじみ思いました。

勿論、バイクの世界にもあります。

自分達だけが知るノウハウを勝手に誰かがブログなどで公表したら怒りますもんね。

実は俺も以前に一度だけそれをやってしまい、仲間から怒られた事があります。

やっぱり大事なノウハウやアイデアは最後まで秘密にしなくっちゃ。

ネットは難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

記録更新

17日のニジマス釣りでまだ釣り餌(マグロの刺身)が残っていた。

そこで、今日の夕方にもう一度ニジマス釣りに行ってきました。

釣果は?

Photo

ジャンジャジャ~ン!

今回のニジマスは44センチ(メス)で前回のニジマス(オス)が43センチでしたから記録更新です。

釣れたポイントは前回と全く同じなので、もしかしたら前回釣ったオスとは夫婦?

それとも大物が回遊するポイントなのかも・・

今回の釣果で分かった事は、

ニジマス釣りで大事なのは仕掛けと時間帯だって事。

実は、俺のやった釣りはネットで投げ釣り名人のブログを見つけて全部真似しただけ。

俺の実力ではありません。

その名人の仕掛けは海釣りの釣り方を応用しています。

仕組みは単純なのですが非常に有効なのは釣果が証明しています。

正直、驚きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

手塚治虫のブッダをみた。

5月28日からロードショーの『手塚治虫のブッダ』を公開前に見る機会がありました。

一言で見た感想を言うと、

「手塚アニメの手本だな。」

非常に原作に忠実で、コミックからそのまま抜け出てきた様な作品でした。

作品は手塚アニメが全盛期だった80年代を思わせる作りで、一瞬「これっていつの作品?」と迷うほど。

しかし、製作者サイドがいかに手塚治虫先生を尊敬しているか、ハッキリと分かりました。

俺は作品を見ている内に、京都医大を卒業して医師を目指していた従兄弟が突然仏門に入り、僧侶として活躍している事を思い出しました。

おそらく、従兄弟は医師として病気の患者さんを救おうとしたが、医学では救えない人を仏の教えで救おうと考えたのだろう。

ブッダは施しだけでは人間は救われない事に疑問を抱き、救いの道を求めた求道者であった。

現代にもブッダの教えは生きていると改めて教えられた気分です。

子供には理解に苦しむ物語かも知れませんが、40歳を過ぎた俺には痛いくらいブッダの苦悩が伝わってきた気がします。(あくまでも気持ちですよ。)

コミックの映画化で原作通りに作る事がかえって難しいとされる映画界。

これほど原作通りなのは、ある意味奇跡なのかも知れませんね。

手塚アニメは凄い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

30年で・・

昨年からキムチ作りにハマってます。

昨日、作ったのが、

Photo_2

ニラキムチです!

作る度に試行錯誤で改良を加え、今では麻薬の様なクセになる味になりました。

がしかし、臭いがかなりキツイらしく家族からは嫌がられる始末。

嫁さんはとうとう別室で寝る破目に・・

でも、作るのも食べるのも止めないぞ。

三日三晩食べても厭きないですからね。

スタミナがついてギンギンのバリバリのキンキンで休憩なしでも仕事が出来そうです。

臭いさえクリアできれば販売も可?

Photo_3

2日前に釣れたニジマス。

これを釣るのに使用したリールは骨董品のクローズドフェイス・リール。

最近では、スピンキャスト・リールと呼ぶのが主流らしい。(ネット調べ)

しかし、この手のリールは下火で人気がなく地元の釣具屋には売っていない。

今では珍しいリールとなっていた。

Gs20

30年前に購入したダイワ製ハイキャストGS-20。

物凄く使い易いこのリールは、今では名機といわれるほどの一品なんだとか。

されど人気がないので中古価格は1000円前後。

これから800円のリール竿に価値1000円の中古リールでちょい投げ釣りを楽しむぞ。

次の獲物は、シロギスです。

なんでも師匠のネットを駆使して料理も魚釣りもうまくなりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

子供の頃からの夢が一つ叶いました。

Photo

俺の波改(ウェーブ)を釣り仕様にしました。

実は1ヶ月前から子供の頃に通った湖が夢によく出てきたのです。

その湖には大きなニジマスが沢山いて、俺はニジマス釣りに何度も足を運んだものでした。

しかし、ニジマスを釣り上げた事はありません。

一度だけ50センチ級の大物が掛かり、「やった!」っと思ったのもつかの間、カウンタージャンプで釣り針を無理やり外して逃げられてしまいました。

それから30年、何となく心残りだったのか今頃になって「あの時に逃がした大物を釣りたい。」と思いました。

30年ぶりのニジマス釣りに緊張しながらも早朝午前3時半に自宅を出発。

道具や仕掛けは子供の頃に行った釣具屋で購入。

800円のリール竿、テグスや釣り針等で1500円で一式揃いました。

リールは、30年前に大物を逃した時に使用していた当時の物です。

湖に到着した俺はすぐに釣りを開始。

根がかり、餌飛び、仕掛けがからまり悪戦苦闘。

「相変わらず下手だな俺。」

午前6時8分、半分諦めかけた時に竿先が大きく揺れたのです。

「え?]っと思いながらリールを巻くとラインが大きく走りました。

慌てて糸を緩めしばらく様子を見ていると動きが鈍くなったのを機に、リールを巻き釣り上げる事に成功しました。

Photo_2

43センチの大物(俺的に)です。

釣り上げたニジマスは晩御飯のオカズとしてムニエルになりました。(家族は大喜び。)

ルーキーズ・ラッキー、いやリターンズ・ラッキーとでも言いましょうか大マグレですね。

でも昔の仇を取った気分です。

しばらくしたら、また釣りに行きたいですね。

先日まで気になっていた波改(ウェーブ)の吸気音は、エアクリーナーボックスのカバー裏に厚さ3ミリのゴム板貼り付けてほぼ半分以下になりました。

静かにはなりましたが迫力あるエンジンの唸りがまだ残っています。

これ位は良いかな?

この調子で東北最強実用車を目指すぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

3速オートマ走行

トルクフルなマフラーのおかげで3速オートマ走行がやれる様になりました。

交差点などで停止する以外は全部3速で走るのです。

キツいタイトコーナーは少しだけ半クラを当てて、スムースに通過します。

まぁ、あくまでコーナーは惰性で走り、ハンドルが完全に切り終わるまでアクセルを開けない事が重要ですがね‥


静かになった排気音のせいで、今度は吸気音が気になりだした。

そこでエアクリーナー・ボックスのカバー裏側にビビり止めのゴム板を貼る事にしました。

早速、ホームセンターから厚さ3ミリのゴム板を購入。

明日、暇を見て貼り付けるつもりだよ。

出来る事なら静かで速いマシンの方がカッコ良いもんね。

まだまだ弄れるウェーブです。

よく聞くセリフ、「俺のバイクはカスタム・パーツが少ないのであまり弄れません。」は研究が足りないだけと思います。

改造は愛ですよね。

たとえそれが歪んだ愛だとしても、愛には変わりありません。


そうやって完成したマシンは世界で唯一の自分仕様バイクですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

サイレントなマフラー

サイレント仕様のエンドピースにしてから初乗り。

最初は少し物足りない感じでしたが、コンピューターの学習機能のおかげで10キロほど走った頃には「良いじゃん、コレ!」になってました。

排気音は走行中全く聞こえません。

聞こえるのは、吸気音と風の音ばかりです。

時々、路地に入ると吸気音が反響してエキサイティングな雰囲気になりますが‥


大成功でした。

なんてったってトルクフルで静か、地面に噛みつくトラクションが掛かりまくりですよ。

気持ち良くて癖になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッコ悪いをカッコ良いにする方法

筆おやじさん、コメントありがとうございました。

これからも恐ろしく速い(トータルな意味で)原付二種造りを目指しますよ。

これからも宜しく。

まぁ、いつか筆おやじさんのスーパーカブと同じ仕様になる可能性もなきにしもあらず‥


昨日の記事で紹介したエンドピース。

形が普通でないだけに、「カッコ悪い!」と思うだろうが、その実力を理解できたら「カッコ良い!」にすぐ変わるハズ。

昔、浮谷東次郎という伝説のレーサーが、ホンダのS800ってクルマをレースマシンに改造した。

マシン製作に携わった人も今やクルマ業界では伝説的な人物ばかり。

クラシカルなオープンカーをいきなり現代風な流線型ボディーに変更し、ボディー色は浮谷さんのリクエストで黒板用の塗料が用いられた。

(浮谷さんが車体の乱反射を嫌ったらしい。)

鈴鹿で行われた全日本レースで大活躍するや、「なんだぁあのカッコ悪いクルマは?」と登場時に言われていたのが、「黒いカラスみたいでカッコ良い!」に変わったのだ。

要するに、その実力が認められれば、見る人の目も変わるってだけのお話でした。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

へそ曲がりエンドピース

ラムエアシステム化したら吸気音が元気が良い分、排気音はサイレント仕様にする事にした。

Photo

ジャジャァァ~ン!いきなり完成しました。

近くから見ると、

Photo_2

普通のエンドピースとはかなり印象が違います。

エンドピース内部がチャンバー(膨張室)になっています。

おまけに曲がる方向も内側斜め上に向いているのが、いかにも後付けっぽくて良い。(特別仕様みたい?)

Photo_3

後ろから見るとこんな感じ。

これは排気音が運転者の耳に聞こえ難い方向に向いているのです。(よく見るエンドピースが下向きになってますが、「排気音が地面に反射して余計に響くのでは?」っと俺は考えています。)

実際にエンジンを始動するとノーマルマフラーと同等かそれ以下の音量です。

しかし、アクセルから伝わるムッチリとしたトルク感は今までとはまるで別物。

これからは静かなマフラーで吸気音を楽しむのも良いんじゃないかと思ってます。

排気音もエンドピースに付いてるボルトを外せば僅かですが大きくなりますから、その日の気分次第で音量を選択できますしね。

ここ数日、PGM-Fiは仕様変更で学習しっぱなしです。

ラムエア、ギア比のロング化、マフラーの消音、まだ完全にプログラムが変更される前(変更途中だとアイドリングからのアクセル開け始めでボコつく事があるのでよく分かる。)に仕様が変わるから本調子になるのはもう50キロ走行後ですね。

どんな走りになるかドキドキもんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

最高速仕様のギア比にした。

ラムエアシステム化してからやたらエンジンが調子良い。

確実にエンジンはヘタっているはずなのだが、エンジンが回りたがるのだ。

そこでギア比をロングにして最高速仕様にしてみた。

ドライブ・スプロケットを16Tに上げる。

やっと以前のスピードに戻れました。

早速、地元の峠を久しぶりに走ったら最高に気持ち良ったです。

「最高だぜぇ!」

ガキみたいで申し訳ない。

嬉しかったものでつい‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

やっぱりラムエアシステムは凄い!

エアクリーナー・ボックスをラムエアシステム化して数日。

そろそろPGM‐Fiの学習機能でラムエアシステムに合ったプログラムに変更された頃合いだ。

エンジンがヘタっていてもラムエアシステムが高回転まで回しだす。

ギア比はヘタったエンジンに合わせて、雪道用ギア比のままでプラス10キロになった。

これでオーバーホールをしてギア比を最高速仕様にしたら、ウェーブ購入以来出した事のない速度域に突入しそうだよ。

これだからラムエアシステム化はやめられない。

簡単ポンとプラス10キロ、下り坂はそれ以上の伸びをみせる。

費用は道具があればほぼタダ。


やっぱりラムエアシステムは凄い!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

テールエンドに小細工

エアクリーナー・ボックスをラムエアシステム化したら、吸気音が勇ましい。

吸気音が大きいなった分、排気音を下げる事にした。

予備パーツの中から使えそうな物を探す。

「おぉ、これは良い。じゃあ、コレとコレをくっつければ上手くいくかも‥」

サイレンサーのテールエンドが凄い事になりそうです。

おそらく、こんな変わったテールエンドは他に類を見ないでしょう。

パワーと消音の両立が出来たらいいな。

いや、むしろトルク感は向上する可能性がある。

いわゆる期待の試作品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

カブ珍道中

Photo

昨日の記事で書いたエアクリーナー・ボックスに新設した吸気穴。

ここが一番ノーマル吸気口から入る吸気とぶつかって乱流が起きないと判断したから。

エアフィルターの縁が隔壁になって非常に都合が良い。

おまけに雨水の浸入してもすぐ真下の水抜きから抜けてゆく。

但し、一つだけ欠点が・・

大洪水時に走行するとエンジンに水が入ってしまう。(そんなまさかと言えない時代ですよ。)

でも大丈夫。

もし、大雨が振ったら吸気穴にペタッとガムテープを貼ればよろし。(中華風)

俺のカブ人生はつい最近だ。

4年ちかく前にたまたま通っているバイク屋から真っ赤で可愛いリトルカブを購入したのが始まり。

田舎道では最高だったが、国道を走って地獄を見たのが間違い元。

それ以来、改造三昧で何度もエンジン大破。

挙句の果てに中華エンジンに手を出してバカを見る羽目になった。

最終的にはカブ(アンダーボーン・フレームのバイク)天国であるタイのホンダ製バイク(タイカブ)を買って一挙に巻き返しを図ろうとするも、農道でトラクターに猛スピードで衝突して廃車。

嫁から反省しろと1年バイクから遠ざかった後にフレーム等を購入して復活を遂げる。

Photo_2

外装カバーの修理の痕が生々しい。(痛々しい?)

しかし、見事な復活で念願の雪道最高速記録を更新。(メーター読み時速115キロ)

その後、最高速を捨てて雪道を快適に走る改良で最高速は15キロダウン。(ナックルガードやハンドルカバー、後輪にビートストッパー装着で空気圧1キロに調整。)

雪道でメチャクチャ速く走れる様になりました。

まぁ、スキー場みたい所は無理ですがね。

仲間からは、

「お前は何を目指してるの?どこに向ってるの?」

みたいな事をたまに聞かれます。

お答えしましょう。

「レッドブルから動画作ってユーチューブにアップしてもらえる位に雪道を上手に走りたい。」

これですよ。

あぁ、嫁がまた怒りそうだ・・

ガハハハハ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアクリーナーの鼻づまり解消

真冬の馬鹿走りでエンジンがへたり気味のウェーブ。

しかし、いくらへたり気味とはいえ、パワー感が無さ過ぎる。

もしかしたら、排気ポートが拡大され、マフラーが抜けが良いだけにエンジンが空気を欲しがってるのかも‥

(最近、『‥』にハマってます。)

そこでエアクリーナー・ボックスのカバー(蓋)に吸気穴を開けてみる。

穴を開ける箇所はカブ50をラムエアシステム化して大成功した時と同じ場所だ。

ホールソーでΦ24口径の穴を開け、テスト走行して効果を確認してからゴミ除けの金網を裏から貼り付けた。

金網はPC20キャブ用ファンネルに付属していた物。

それをバーナーで熱したT型レンチを押し付けてカバーの裏面に溶かし込んで接着。

金網はゴミ除けの他に雨水や雪の侵入を減少させる役目があるのだ。


穴開けのおかげで加速は今までで一番調子が良くなったから、ギヤ比のロング化で本来の性能に近づける可能性が出てきた。

これでオーバーホールをすれば、かなりのパワー向上が期待できそうだよ。へへへっ。

エアクリーナーの鼻づまり解消には効果をあんまり期待してなかっただけに嬉しいですね。

オーバーホールは今月中に行う予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

ビンラディン、キム・ヨナ、ショーケン

ビンラディンが米国に殺され、米国は9・11の仇を討った。

でも何世紀後の人々は彼を「陰で世界を支配していた米国に抵抗した男。」と評価してるかもよ。

その頃になってみないと分からないが‥


キム・ヨナさんはオリンピック誘致運動の為にしばらく大会には出ないとか。

東日本大震災で多額の寄付をしてくれた人に、「もう出るな。」とか、「ズルい判定で好成績。」とか馬鹿じゃないの?(ネット上の話。)

それはさすがに人として威張れた行いをしてこなかった俺でも恥ずかしいと思うし、オリンピックで金メダルを取るのはそんなに甘かないぞ。

だいたい先のオリンピックでみんな見たろうに、誰が見たってキム・ヨナさんが一番だったろうが。

人間はどんな素人でも並べて比べれば、どっちが上か普通分かるもんだ。


またまた交通事故を起こしたショーケンだが、元々の軽率さに高齢が重なってある意味『歩く時限爆弾』。

それを見てファン達は「ショーケンらしいや。」と、思うだろうがファンでもない人は全然笑えない。

ネット上では、「こんなヤツにもう免許証やるな!」とか言われている。

俺だって、今回の事故の内容を見たら数年前に亡くなったGPライダー・ノリックを誤って殺したトラック運転手と全く同じ行動だったから腹も立つ。

しかし、そんなダメ人間って不思議に憎めない。(人が死んでないだけに。)

俺はショーケンの歌声は好きだが、ファンというほどでもない。

しかし、「馬鹿なヤツほど憎めない。」って、本当にあるんだなぁ‥


最後に俺は言いたい、

「テメェら、他人様をあれこれ文句つけれるほど立派な行いを普段からしてんだろうなぁ!」(俺を怒る時の嫁風に言ってみました。)

現実世界ではネットと違い、人に文句を言えるのは迷惑をかけられた当事者とその周辺の人だけですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

頭文字Dを見た嫁の反応

今日はいつも世話になっている嫁の姉にタラノメをプレゼントする為に山に採りに行った。

地元の男鹿市は山菜天国で僅か30分でコンビニ袋がパンパンに膨らんだよ。

嫁の姉さん家族にはすぐに食べれる太くてトゲ無しの極上タラノメをやり、我が家也では手間の掛かるトゲつきタラノメを調理する。

今夜は我が家の名物料理『タラノメの天ぷら稲庭うどん(ざるうどん)』を食すつもりだ。

タラノメのトゲ抜きを終えて、前から頼まれてた緑のカーテンを完成させたご褒美にと、近所の汚い店だが確かに美味いと評判の食堂で昼食を取ることとなった。

秋田県のB級グルメと言えば横手焼きそばが有名だが、ここの焼きそばはもっと美味い。

なんと言っても炒めた野菜がバカ美味い。

俺のいつもの注文は焼きそば大盛にかけうどん。

嫁も焼きそば大盛を注文した。

ここの食堂はマンガが沢山あるので、久しぶりに頭文字Dの単行本を見る。

すると、料理がくるまで暇した嫁が俺の見ている頭文字Dを横から音読し始めたのだ。

「ゴァァァァァァ!キュッ、ズバァ。こんな凄いヤツだとは思いもしなかったぜ‥。」

そして最後に言った。

「阿呆。私は人間模様の感じられないマンガは嫌いなの。」

まさに痛たたたである。

そして料理を食べ終えた嫁が言う。

「もう一杯かけうどん頼んで良いよ。」

少し分けてやったかけうどんが相当に美味しかったらしい。

食事を終えて店を出た俺達は大満足。

我思う、

たとえ大好きな頭文字Dが阿呆と呼ばれても「連れてきて良かった。」と。

たとえ嫁が頭文字Dを見て俺に質問、「なんでこの人達(峠バトルを見に来たギャラリー)は会話の最後に必ず『‥』がつくの?」

それに俺が返答できなくとも連れてきて良かった。

そんな嫁をも黙らせる汚ナシュランは最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

戦争の反対側

ニュースでカダフィ大佐の自宅が爆撃されて息子と孫が死亡したと報道された。

世界的な民主化運動の流れから戦争となった末、民主化を応援する国々がよってたかって旧国家勢力を血祭りにする。

民主化は必ずしも正義ではない。

民主化を応援するのは良いが、代わりに爆撃しにいくのはお門違いだと思う。

大震災で人が死に、竜巻で人が死に、正義を振りかざした人間が飛行機の中からポチっと爆撃のスイッチを押して人が死ぬ。

愛叫ぶ声が響く中で爆撃機が出動していくのは、

「人を救うのも殺すのも人間。それが人間らしさ。」を容認している事。

俺は自分や家族を守る為に戦うのは反対しないが、全く関係がない人間を殺しに行くのは大反対だ。

NATO軍が他国の喧嘩にハマって人を殺し続けるのは戦争がしたくて堪らない誰かが中枢にいる証拠で、正義だと言えば全て許されるシステムにいつの間にか世界がなっているからだ。

正義だから許されるなら警官は何をやっても罰せられないと思ってる極悪警官と一緒さ。

などと良い子ぶる気はありません。

死んだカダフィ大佐のお孫さんが可哀相で可哀相で…

子供が死ぬのは誰の親族であれ可哀相過ぎます。

俺は子供の死ぬ戦争が大っ嫌いだぁぁぁあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »