« シリンダーヘッドにボルトオンの冷却フィンを着けよう。 | トップページ | KTMのスタント専用バイク »

2011年8月 5日 (金)

それでは臨機応変に走ろうか。

桜華さん、コメントありがとうございます。

エイプが直ったらまた一緒に走りましょう。

後付けフィンは今月の末頃に完成予定。

自作かレーザーカットの注文製作か悩むところです。


俺は仕事柄、波改で色んな道を走る。

舗装路はもちろん、砂利道やオフロード。

俺的理想ライディングはどんな道でも同じフォームで走る事。

それを目指して、どこでもオフロードスタイルやどこでもオンロードスタイルで走ってきた。

しかし、舗装路はオンロードスタイルが走りやすいし、ダートは足を出したヤジロベェが安定感を生んで走りやすい、オフロードスタイルがやっぱり良かった。

俺はまだまだです。

でも上手に走れるなら細かい事にこだわらないようにします。

「バイクの乗り方はなぁ、速ければ何でも良いんだよ。」

若い頃、尊敬するバイクの師匠が俺に言った言葉です。

今になって少し分かったような気がしました。

|

« シリンダーヘッドにボルトオンの冷却フィンを着けよう。 | トップページ | KTMのスタント専用バイク »

コメント

リスクマネージメントが高いレベルで出来ていて、それでいて速けりゃホントどんな乗り方でも良いとオイラも思います(キッパリ)。

投稿: neri | 2011年8月 5日 (金) 17時58分

オンロードのハングオンもオフロードの足出しも、どちらも走るステージの究極系ですよね
私の持論は、乗り方に間違いは有っても正解なんて無い、速い奴が一番カッコイイ!
私は最近走りがさらにヘタレてきたので練習します(汗)

投稿: 桜華 | 2011年8月 5日 (金) 20時26分

私も昔は『ヒザスリ』だけに命をかけてましたが、意外と

そんな無理しなくても普通に走るほうが速かったりします

よね…ヒザ擦ってる横を普通に抜かれる悲しいです('A`)

投稿: 筆おやじ | 2011年8月 7日 (日) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/41092819

この記事へのトラックバック一覧です: それでは臨機応変に走ろうか。:

« シリンダーヘッドにボルトオンの冷却フィンを着けよう。 | トップページ | KTMのスタント専用バイク »