« 雨雨雨 | トップページ | 魔改造 »

2011年9月21日 (水)

ZEPさんへ

マキオ会長、ZEPさん、コメントありがとうございます。

マキオ会長、元気してますか?

会長のブログがさっぱり更新しないので心配しておりました。

neriさんのブログも更新してないので心配です。

ブログって更新されていると不思議に安心するよね。

一人暮らしの老人になったらブログで安否確認だな。

さて、ここからが本題。

ZEPさんからのコメントでモンキーRで耐久レースに出場するのにお勧めのパーツメーカーはあるかと質問されました。

ものがカブならジュン・インターナショナルなんですがねぇ。(カブ50用ビックバルブ96ccか、カブ90用ビックバルブ105ccにケイヒンPWK28でバッチリ。)

モンキーRなんて貴重な車両、しかも125ccのフルキットとなれば話はかなり難しくなります。 

なぜならフルパワー125ccの高出力キットを中古エンジンに組んで長時間の全開走行に耐えられるか分からないという事です。

しかも本格サーキットでのレースとなればエンジンに相当な負担が掛かりますし、壊れないエンジンを作るのならノウハウと経験そしてお金がかかります。

入賞を目指すならエンジンパーツはミッションやキャブなどの壊れ難いパーツ以外は全部新品が基本です。

タケガワやキタコ、そしてデイトナの125ccキットならどこもハズレはないでしょう。

こればかりは乗る人、弄る人の好みや経済力によります。

ただ、一つだけ言えるのは、

シングル・エンジンをチューンナップしたら絶対にクランク内圧調整バルブは装着してください。 

なに、ただのワンウェイバルブをクランクのブリーザーホースに付けるだけですよ。(オイル注油口にブリーザーホースを増設した時にも装着してください。キャッチタンクの出口側ホースに割り込ませれば1個で済みます。)

そしてシフトダウンをブレーキング終了直前に行ってエンジンブレーキに頼らないでください。

エンジンブレーキの多用は簡単にエンジンがヘタリます。

壊れ難い細工をして、壊れないように乗るのが耐久レースでは最高のテクニックです。

それからキャブ・セッティングは念入りにしてください。

横型エンジンはガスが濃くても薄くても何かのきっかけで馬鹿回りして壊れます。

はい、それで何度もブローさせた俺がいうのですから間違いありません。

ちなみに、レギュレーションでキャブレターの口径規制がなければケイヒンPWK28が最強キャブです。(ターボが付いたみたいに回ります。)

もし、ある場合は使用したパーツメーカー推奨のキャブを使えば大丈夫でしょう。

ZEPさん、レース頑張ってください応援しますね。

|

« 雨雨雨 | トップページ | 魔改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/41892993

この記事へのトラックバック一覧です: ZEPさんへ:

« 雨雨雨 | トップページ | 魔改造 »