« 日本映画最凶の悪役 | トップページ | 足出しの名称 »

2011年10月 2日 (日)

足出し

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

普通、悪役ってある意味で人間くさい感じをするじゃないですか。

『十三人の刺客』の稲垣吾郎さんが演じた役は、邪悪そのものの存在に見えて怖かったです。

筆おやじさんのいう通り、SMAPは演技派揃いの凄いグループだと思います。

俺的には『武士の一分』の木村拓也さんが一番好きですね。


昼のテレビ番組でモトGP日本グランプリが放送されていた。

トップライダー達のブレーキング直後に足出しするのがとても印象的でした。

「これってカブでも使えないかな?」

試しに研究してみます。

うまくいったら、またライディングフォームが変わっちゃうなぁ‥

物覚えが悪い俺としたは、じっくり取り組んでみたいですね。

|

« 日本映画最凶の悪役 | トップページ | 足出しの名称 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/42218481

この記事へのトラックバック一覧です: 足出し:

« 日本映画最凶の悪役 | トップページ | 足出しの名称 »