« 不思議だなぁ。 | トップページ | フロントサスの強化 »

2011年10月22日 (土)

近況と仮説

今日は朝からタマネギを植えている。

先に植えた自家製の種ニンニクは芽を出した。

途中でタマネギの苗が足りなくなったので、大潟村の産直センターへサラダ用タマネギの苗を買いに行く。

ちょっと一服と、缶コーヒーを販売機から買っている時にバイクの音がした。

後ろを振り向くと俺のモトクロス後輩君(国際A級)だった。

近くのミニモト専用モトクロス場から自走して来たのだ。

後輩のマシンは俺がチューンナップしている。

すぐに自作カムシャフト・バランサーの製作方法を教えたよ。

前にチューンナップしたフライホイールのバランス調整よりも良いぞと言ったら、「そりゃすげー!」と驚く後輩。

「分かってると思うが、これの作り方は俺達ウォリアーズ(昔のチーム名)だけの秘密な。」

毎度の事だが一応念押し。


自作カムシャフト・バランサーが何故コーナー速度を上げるのか仮説を立てる。

カムシャフトは吸排気バルブの制御に伴ってバイブ機能があるのではないのか?

ただそれが重くて丈夫なエンジンの中だけに気づかないだけなのかも‥

カムシャフト・バランサーがその内緒で作動しているバイブ機能がキャンセルする。

バイブ作動時のコーナーリングを邪魔するフォースが無くなると、操縦安定性が上がりパワーアップしている事もあってコーナー脱出速度が向上するのではないか。

乗った時の印象からそんな感じを受けました。

あくまでも仮説ですよ。

|

« 不思議だなぁ。 | トップページ | フロントサスの強化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/42633953

この記事へのトラックバック一覧です: 近況と仮説:

« 不思議だなぁ。 | トップページ | フロントサスの強化 »