« フィン本体は完成 | トップページ | 足出し »

2011年10月 1日 (土)

日本映画最凶の悪役

今、ビデオ屋から借りたDVDを見てるんだけど、今まで見た日本映画の中で一番の最悪な役を見つけた。

これ以上の悪役はちょっと見た事ないですね。

映画『十三人の刺客』で、十三の刺客に狙われる将軍家の弟役。

この役を見事にこなしているのがSMAPの稲垣吾朗さん。

よくこんな役を引き受けたなと感心しました。

俺はバイオレンス映画が大好きなんで結構な外道役を見ているが、稲垣吾朗さんが演じた役は酷いし惨いし、史上最低の人間でした。

素晴らしい悪役を見れて今夜は悪夢で100%うなされそうですよ。

観覧注意って最初に警告してほしい映画でした…。

|

« フィン本体は完成 | トップページ | 足出し »

コメント

結構SMAPは演技派が多いですよね!稲垣吾朗はあまりパッとしないと思ってましたが、ドラマでも悪い役では光ってますね!個人的にSMAPでは中居君の『砂の器』が最高に好きでした!あと、悪役はビートたけしも素晴らしいですね…

投稿: 筆おやじ | 2011年10月 2日 (日) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/42187771

この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画最凶の悪役:

« フィン本体は完成 | トップページ | 足出し »