« 爆走動画の傾向 | トップページ | WAVE110iの良いとこ悪いとこ。 »

2011年11月27日 (日)

エンジン温度の管理

波改にあるパーツを装着?しました。

それは、

Photo

サーモステッカー。

貼った箇所の温度が判るシールです。

俺が乗ってた歴代カブには必ず貼っていたアイテムです。

エンジン温度の管理には欠かせません。

空冷エンジンは熱ダレも問題ですが、オーバークールも同様にエンジンへのダメージは大きいです。

焼き付きなどは起きませんがエンジン内部のパーツがドンドン消耗していきます。

一冬走ったカブのエンジンはスカスカになります。

通常は冬期間にオーバーホールされる事が多いバイクで、真冬に走るのですから春に一度エンジンを開ける必要が出てきます。

少しでもエンジンの消耗を抑える為には、エンジンの温度管理が大事ですね。

冷え過ぎ防止にはエンジン前方に防風カバーを設けるのですが、比較的に気温が高い日も考えて風の流れの調整が必要です。

この防風カバーに金網を使い、寒い日には雪や氷で目が詰まり防風具合をアップさせて、暖かい日には雪や氷が解けて元の状態に戻るなんて裏技もあります。

やり方は人それぞれです。

ガムテープで防風する人がほとんどですが・・・

今シーズンの波改を樹脂製カバーと金網のハイブリットにする予定です。

ちなみに昨日の夜(外気温3℃)に全開走行した時でエンジン温度は70℃でした。

常に70~90℃の範囲で納まる様にしたいですね。

|

« 爆走動画の傾向 | トップページ | WAVE110iの良いとこ悪いとこ。 »

コメント

へえ!そんなシールがあるんですね!私のカブも外気温3℃の時高速道路全開で70℃くらいです。一度止まると100℃くらいまですぐ上昇します(-_-;) 

投稿: 筆おやじ | 2011年11月28日 (月) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/43162498

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン温度の管理:

« 爆走動画の傾向 | トップページ | WAVE110iの良いとこ悪いとこ。 »