« マシンも実力の内。 | トップページ | 鰰と格闘9時間 »

2011年12月14日 (水)

超反則タイヤ?

しーのさん、コメントありがとうございます。

丁度、スパイクタイヤの記事を書きたかったので参考にしてください。

俺が波改に履きたかったスパイクタイヤはこれ。

http://tatsumi-parts.co.jp/345_279.html

サイズは2.25-17だが、このタイヤを前後に履くと超反則的になる。

何故、超反則なのか?

スパイクピンの数が96ピンある。(2.50-17は80ピン。)

カブ50用サイズで流通量が多い為に値段が安い。(カブ50は前後共2.25-17で、2.50-17より1000円以上安い。)

1.40~1.60サイズのワイドリムに組むとタイヤサイドが引張り気味になって、路面と接する面が広がる。(2.50-17と大差ない。)

細いと剛性感がなくなるとか思うが、雪道で剛性が必要になる走りは間違っている乗り方だと俺は考えている。

標準タイヤ空気圧を入れとけば大丈夫。

俺はもっと落として乗るが、ピンの数が増えたら標準に戻します。

実は波改位にパワーが上がるとリアのスパイクタイヤの寿命は1年になると今日判明した。

Photo

硬い先端が無くなったらすぐにピン先が消滅状態に・・

今まではブラックバーン対策に空気圧を落としてでグリップを得ていたが、次回からは純粋にピンの数で対応します。

どうせ1年しかもたないなら、安くて、ピンは多い方が絶対に良い。

ちなみにタイヤサイズ2.75-17でピン数110本のタイヤだと1万3千円します。

グリップは最高ですが、その分パワーが食われて速度が出ません。(路面に雪がない場合。)

2.25-17の約3倍です。

コストパフォーマンスから見れば断然2.25-17が得でしょう。

但し、オフロードタイヤにピンを打ったタイプではないスノータイヤタイプなら更に安いです。

参考になったでしょうか。

|

« マシンも実力の内。 | トップページ | 鰰と格闘9時間 »

コメント

ありがとうございました。
参考にさせていただきます!

投稿: しーの | 2011年12月16日 (金) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/43374710

この記事へのトラックバック一覧です: 超反則タイヤ?:

« マシンも実力の内。 | トップページ | 鰰と格闘9時間 »