« 吹雪の試走 | トップページ | 原作より良かった映画 »

2012年2月 1日 (水)

軽トラVS波改

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

AKB48をプロデュースしている秋元康さんが、「KARAには敵わない。」と言ったり、日本のアイドルがRAINBOWとテレビの音楽番組で共演した際に、感極まって号泣したり、やっぱり実力の違いははっきりしてるんでしょうね。

しかし、あと5年したら日本のも負けないレベルになります。

ダンスが学校の教科になるそうなので、ダンスが上手くて顔が良くてスタイルの良い現代っ子アイドルグループがドンドン出てくるはずですよ。

今日は朝から強風と豪雪で午前中はどこにも行けない。

昼過ぎに思い切って買い物に出掛けると、「うちの工場は大丈夫かなぁ。」と気になった。

買い物帰りに見に行くと、予感的中。

屋根から落ちた大量の雪と強風で工場の格納庫入り口の防風ネットが破れていた。

一旦自宅に戻り、波改で工場へ向う。

雪で工場前の道路が狭くなりクルマを路上駐車させる事が出来なかったからだ。(冬季は工場を閉めているので雪で入れない。)

工場の前に波改を駐車して、バックホーで屋根から落ちた雪をどかす。

邪魔な雪が無くなってから防風ネットの修理を行った。

作業は暗くなるまで掛かってやっと終了。

「これで安心して帰れる。」

波改を長めの暖機運転をして十分にエンジンを温めてから発進させようとすると、1台の軽トラが横を通った。

軽トラが見えなくなってから波改スタート。

道は除雪直後で滑り易いが、今日の波改は絶好調で前後のサスが抜群によく動いた。

『今までよりも安心できる。』=『アクセル開度が増える。』=『自宅までの道が楽しくなる。』

クネクネ道で軽トラをパスすると、直後に軽トラがペースアップした。

タイトコーナーで迫ってくるスピードから、かなり上手なドライバーに思える。

ちなみに公道の滑り易い雪道では、ダートラ用スタッドレスタイヤやスパイクタイヤを除く一般的なスタッドレスタイヤを履く場合は軽トラが一番速い。

何故なら飛ばしても止まれる可能性が一番高いからだ。

だからドライバーもその気になり易い。(経験上の話です。)

やる気がバックミラーから伝わってくる。

「でもゴメンね。俺の波改はこんな雪道でもありえないスピードで走れるバイクなのよ。」

当然、次の下り坂でブッチギリです。

あっという間に視界から消えてやりました。

「カブなめんなよっと。」

サスが良くなるとまた別世界ですね。

波改がもっと好きになりそうです。

|

« 吹雪の試走 | トップページ | 原作より良かった映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/43951821

この記事へのトラックバック一覧です: 軽トラVS波改:

« 吹雪の試走 | トップページ | 原作より良かった映画 »